アンティーク全般

ホワイト=フレンチだけ?白いアンティークキャビネットの魅力に注目

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
アンティーク キャビネット ホワイト

世の中には多様なカラーのインテリアがありますが、その中でも根強い人気を誇るのが、ホワイトインテリア。フレンチスタイルをはじめ、様々なインテリアで大活躍なカラーです。せっかくなので、アンティークでもそんな白いインテリアを楽しんでしまいましょう。

今回取り上げるのは、ホワイトカラーをその身にまとったアンティークキャビネット。収納家具として暮らしの中に馴染みの深いキャビネットは、サイズが大きいものから小さいものまであり形状のバリエーションも豊富なので、自分のニーズに合わせて選び取りやすいインテリアのひとつですよね。この記事では、そんなホワイトアンティークキャビネットについて、おすすめアイテムやインテリアコーディネート実例をピックアップしてその魅力に迫ります。ホワイトインテリアのメリット・デメリットについても触れてみたいと思いますので、ぜひ目を通してみてくださいね。

それでは、いざめくるめくホワイトアンティークキャビネットの世界へ飛び込んでいきましょう。

Contents

「白」もいろいろ。おすすめのホワイトペイントアンティークキャビネットをご紹介

アンティーク キャビネット 白

この記事をご覧になっているあなたは、白のアンティークキャビネットが気になってご覧いただいているのだと思います。(もちろん、なんとなく読んでみているだけという方もいるかとも思いますが…。)
ということで、鉄は熱いうちに打て。前置きなしに、まずはおすすめのホワイトペイントのアンティークキャビネットをご紹介していきたいと思います。3つのデザイン、4つのペイントタイプの計7パターンからそれぞれいくつかのアイテムをピックアップしてみましたので、木の美しさを楽しむアンティークとはまた違ったホワイトペイントのアンティークの魅力を、そして、あなたのアンテナにびびっとくるホワイトカラーのアンティークキャビネットはどんなものであるのかをチェックしてみてくださいね。

ロマンチックな魅力溢れる西洋アンティークのホワイトペイントキャビネット

ホワイトペイントのアンティークといえば、やはりフランスをはじめとした西洋のアンティークキャビネットは外せないところですよね。ロココ調のフランスアンティークがお好きという方などはまさにこれ、というものではないでしょうか。オークやウォールナットといった木材の木肌が美しいアンティークとはまた違い、ホワイトペイントの西洋アンティークキャビネットには軽やかな優雅さを感じさせるアンティークの魅力が詰まっていますよ。

キャビネット ホワイト フレンチ

まずはホワイトペイントがしっくりはまる、フランスアンティークキャビネットをご紹介。
お姫様の部屋を想像する時、なんとなくそこにあるインテリアは白いものを想像してしまいませんか。こちらのアンティークキャビネットはまさしくそんなお姫様の部屋にありそうな感じですね。
サイドの挽き物細工の支柱はアンティークらしさを感じますが、よく見るととりたてて華やかな装飾があるわけではありません。それなのにロマンチックな雰囲気のあるアンティークキャビネットに見えるのは、やっぱり白の魔法なのでしょうね。

アンティーク キャビネット

一言に白と言っても様々な白があります。先ほどのピュアな印象のホワイトと比べると、アイボリーといいましょうか、こちらは少しくすみがかった色味のあるホワイトのアンティークキャビネットです。ヨーロピアンな風を感じるクラシカルなデザインのキャビネットは、この落ち着いた色合いのホワイトであるからこそ引き立つ美しさがありますね。
真っ白ではないので、白い壁の前に置いても背景に溶け込みすぎず、程よい存在感です。ふんわりとした印象の白を楽しみたいのであれば、このように少し他の色の入ったホワイトキャビネットがおすすめですよ。

アンティーク イギリス キャビネット

ハーフムーンタイプのこちらのイギリスアンティークキャビネットは、色ガラスの入ったステンドガラスに視線が引き寄せられますね。内も外もすっかりホワイトでペイントが施され、色ガラスのイエローが良く映えています。白は他の色を美しく引き立ててくれるのが良くわかりますね。
ハーフムーンタイプのアンティークキャビネットは、基本的に壁につけて使うもの。壁紙が白であることの多い日本の住宅にホワイトカラーのアンティークキャビネット取り入れれば、壁の白とキャビネットの白とで、そこにあるのが正しいのだと感じるような一体感を持ったインテリアとなってくれます。

気分が高揚するようなロマンチックなアンティークがお好きという方は、ホワイトペイントでまばゆく甘やかさを増したフランスアンティークやイギリスアンティークといった西洋のアンティークキャビネットから探してみてください。あなたの「好き」にフィットしたホワイトアンティークキャビネットが見つかりやすくなりますよ。

和製アンティークキャビネットも白のペイントでレトロかわいく

どこか素朴な風情のある和製アンティークのキャビネットも、ホワイトペイントでお化粧をしてあげると、レトロチックなかわいらしさに磨きのかかったアンティークキャビネットに早変わり。和製アンティークはシンプルなデザインのものも多いので、見た目にすっきりとした白の和製アンティークキャビネットは、組み合わせるものをあまり選ばずに様々なインテリアコーディネートで活躍してくれますよ。

アンティーク サイドキャビネット

2杯の引出しに引き戸の棚といったシンプルなこちらのアンティークキャビネットは、高さ385mm×幅525mmと小振りなサイズ。床にちょこんと直置きする他、サイドボードなど他の家具の上に置くにもちょうどいいサイズ感です。なんとなくぺったりとした印象のホワイトペイントがレトロな雰囲気を醸し出しています。
インテリアにちょっとしたコントラストをつけたい時などには、このように小さなホワイトアンティークキャビネットを1点取入れるだけでも印象が変わりますよ。シンプルな分、雑貨の飾りつけなどでだいぶ表情が変わりそうですね。

アンティークキャビネット 食器棚 白

和製アンティークのキャビネットといえば、レトロな佇まいの食器棚も人気です。こちらは全体的にホワイトのペイントが施されていますが、レトロな食器棚の定番である引き出して使える作業台はそのままの木の色となっています。やわらかなホワイトとぬくもりある木の色の組み合わせがとってもナチュラルですね。お部屋の風景にそっと溶けてしまいそうな自然さです。素朴な佇まいにやさしい白がほっとさせる、ノスタルジーに浸らせてくれるようなキャビネットです。

同じホワイトでも、キャビネットの造形の違いからか、西洋のアンティークキャビネットよりもやさしい、懐かしい雰囲気が楽しめるのが白い和製アンティークキャビネットの魅力です。ほぅっと一息つけるお部屋作りの一員として迎えるなら、レトロでかわいい和製アンティークのホワイトキャビネットはおすすめであるといえますね。

民芸家具のキャビネットもホワイトカラーでフレンチテイストに!

アンティークとはまた異なりますが、当店アンティーク家具ラフジュ工房で扱っているキャビネットの中には、ユーズドの民芸家具を当店でリメイクしたものもあります。洋家具をもとにデザインされた民芸家具のキャビネットは、思い切って白くペイントを施すことで、より西洋の家具を彷彿とさせるような佇まいのキャビネットへと生まれ変わりますよ。

サイドボード ホワイト

北海道民芸家具 サイドボード リメイク

こちらは北海道民芸家具のキャビネット。リビングなどに置くのにちょうどよいサイドボードです。
もとは落ち着いた深い色合いの重厚感あるキャビネットでしたが、天板はそのままに全体をホワイトカラーに塗り替えることで、ほどよくナチュラルな空気感をまとったかわいらしさも感じるキャビネットになりました。上品な空間づくりにぴったりな北海道民芸家具ですが、白くペイントしたことでカジュアルなお部屋にも取り入れやすそうなキャビネットにイメージが変わりましたね。

ワードローブ ホワイト

北海道民芸家具 ワードローブ リメイク

こちらも同じく北海道民芸家具のキャビネットで、衣類の収納に便利なワードローブです。こちらのワードローブは、全体を白くペイントした他、扉の鏡板部分を金網に変え、フランスアンティークで人気のグリアージュキャビネットへと生まれ変わらせました。ちなみに内部はミルキーなミントグリーンなので、扉を開けるととたんにかわいらしさが溢れだします。かっちりとした意匠なのにロマンチックな色遣いのギャップがたまらないですね。

民芸家具のキャビネットのつくりの良さは魅力的だけれど、重厚感がちょっと…という方には、このようにホワイトペイントが施されたキャビネットであれば、カジュアルやナチュラルなお部屋作りにもぐっと取り入れやすくなりますのでおすすめですよ。

たっぷり白を楽しめる、まるっとホワイトのアンティークキャビネット

ホワイトアンティークキャビネットは、ここまでに挙げたようなデザインのタイプだけでなく、ペイントのタイプによってもその印象が変わってきますよ。まずはシンプルに、全体がまるっとホワイト1色にペイントされたタイプのアンティークキャビネットをご紹介してみましょう。

アンティークキャビネット ホワイト

ツイストレッグが印象深いこちらは、イギリスアンティークのキャビネット。ところどころに剥がれは見られますが、すっかり白くペイントされています。白一色なので、濃い色の壁紙のお部屋におけば、その存在感が際立ちそうですね。こちらのキャビネットのツイストレッグをご覧いただいてもわかるように、白に浮かぶ繊細な陰影は、施された装飾をより美しく引き立ててくれます。

ヴィンテージケビント ホワイト

こちらのキャビネットはアンティークとしては若い、フランスヴィンテージのアイアン製のケビントです。ケビントとは薬品などを収納する、いわゆる医療棚、ドクターキャビネット。飾り棚などに使えるインテリアとして人気ですよ。
清潔感のある姿でアイアン+ガラスと、素材を考えれば無機質な印象が強くなりますが、くすみがかったホワイトがほんのりとあたたかみを添えていますね。アイアンのフレーム部分の他、背板も白色となっているため、ガラスを通してたっぷり入る光が拡散して中のものを明るく、きれいに見せてくれます。

キャビネット自体に他の色が使われていないホワイト1色のアンティークキャビネットは、他のどんな色の家具ともオールマイティーに組み合わせてインテリアに取り入れることができます。また、小細工なしに白のインテリアの魅力を楽しみたい!という方にもぴったりのホワイトアンティークキャビネットは、このまるっと白いタイプのキャビネットでしょう。

白の下からのぞく色。重ねたペイントのアンティークキャビネットはシャビーシックに

代々大切に受け継がれてきたアンティーク家具には、ペイントが施されているものが多くあります。それは、ペイントを重ねてきれいにしながら、大切に、大切に使われてきた証でもあります。そして、その重ねられたペイントが醸し出す風合いは、多くのアンティーク好きを魅了して虜にします。

フランスアンティーク カップボード

シャビーシックという言葉がぴたりとはまりそうなこちらのアンティークキャビネットは、オリジナルペイントのフランスアンティークのカップボード。随所でホワイトペイントが擦れ、その下の水色のペイントや木地がそっと顔をのぞかせていますね。その使い込まれたアンティークな風合いがたまりません。過ぎた年月を感じさせながらも、うっとりするような美しい佇まいです。

イギリスアンティーク サイドボード

こちらのイギリスアンティークのサイドボードは、当店でリペイントしたホワイトカラーのアンティークキャビネットです。ネイビーの上からモカベージュのペイントを施したことで、ぬくもりを感じる白いキャビネットとなりました。ムラをのこしてペイントすることでところどころ下地の色が透けてみえ、先ほどのオリジナルペイントの自然な風合いとはまた違った味わいを楽しむことができます。そのままだとどちらかというとイギリスアンティークらしい重厚なイメージでしたが、シャビーな風合いのホワイトペイントにより、インテリアにラフに取り入れても楽しめそうなキャビネットとなりました。

すっかりきれいにホワイトでペイントされたアンティークキャビネットも素敵ですが、白を基調としながらも下から別カラーのペイントがその色をのぞかせる味わいの深さは、また異なった魅力があります。シャビー感あふれるホワイトペイントはただ甘やかなだけではなく、時の流れを感じさせるその風合いは、大人びたかわいらしさを感じさせるシャビーシックなナチュラルスタイルなどにぴたりとはまること間違いなしですよ。

ホワイト×ウッドのアンティークキャビネットでナチュラルをかわいく楽しんで

人気のインテリアスタイルのひとつといえば、ナチュラルインテリア。とくに女性からは根強い支持を受けていますよね。ナチュラルインテリアにも幅広いスタイルがありますが、その中のひとつ、木目調+ホワイトのかわいらしいホワイトナチュラルスタイルも定番人気のインテリアです。多用すれば無機質にもなりかねないホワイトカラーですが、木と組み合わせることで、自然な温もりがそっと添えられかわいらしくナチュラルな印象になりますよ。

アンティーク カウンターキャビネット 白

サイドボードとしたりカウンターとしたりと多用途が期待できるこちらのアンティークキャビネットは、本体のホワイト×天板のウッドでシンプルかつナチュラルなキャビネットです。
天板に加えて、引き戸のモールガラス越しにうかがえる内部も木色のままなので、正面から見たホワイト×ウッドのバランスがちょうどよいですね。デザインは直線的ですっきりとしているのに、やわらかな白と木のイメージからか、やさしげなかわいらしさを感じます。カントリーテイストなナチュラルコーディネートなどで楽しみたいアンティークキャビネットです。

アンティーク ケビント

きりりとした立ち姿が美しいこちらのキャビネットは、先ほど別のアイテムをご紹介しましたアンティークのケビントです。ぱきっとした白にガラスが多用された家具は無機質な印象を与えがちですが、背板が節や木目のはっきり出た木の板で自然な風合いをプラスしそれを感じさせません。スタイリッシュさとナチュラルさが程よく調和していますね。こちらは当店アンティーク家具ラフジュ工房で背板をリメイクしたものなのですが、木目調のインテリアシートなどでも代用できそうです。

シンプルナチュラルやナチュラルカントリーといったインテリアスタイルがお好みの方は、こちらでご紹介したようなホワイト×ウッドの織りなすナチュラルなかわいらしさが魅力のアンティークキャビネットを選んでみてください。同じようなホワイト×ウッドの家具でまとめればほっこりかわいいナチュラルスタイルが楽しめますし、木目調メインのお部屋の中に1点取入れるのもまろやかなスパイスとなりおすすめですよ。

バイカラーのアンティークキャビネットならホワイトの表情も変わる

ホワイトアンティークキャビネットの7つのタイプ、パターンの最後におすすめするのは、ホワイトをメインにまた別のカラーを組み合わせた、バイカラーのホワイトアンティークキャビネットです。他のどんな色ともケンカをせずに馴染むホワイトは、組み合わせる色によって様々な表情を見せてくれますよ。

アンティーク デンタルキャビネット

まずはこちら。ホワイト×クリームのアンティークキャビネットです。すきっとしたデザインのキャビネットですが、やわらかな色味の掛け合わせでほんわか柔和な表情になりますね。真っ白だとシンプルが過ぎるかな?と感じる方は、このように白にほんのり色づいたようなカラーとのバイカラーを選ぶと、その印象が和らぎますよ。
ちなみにこちらのアンティークキャビネットはケビント同様ドクターキャビネットのひとつで、デンタルキャビネットと呼ばれるものですので、気になる方はぜひデンタルキャビネットで探してみてくださいね。

アンティーク ブックケース ホワイト

こちらのホワイト×ダークなブルーグリーンのアンティークキャビネットは、ぱきっとしたコントラストがちょっぴりクールな表情。コントラストのはっきりしたレトロテイストなインテリアスタイルや、マリンスタイルのインテリアに取り入れても爽やに馴染んでくれそうなアンティークキャビネットです。
濃い色味、特に寒色とのバイカラーを選べば、膨張色でもある白をきりっと引き締め、すっきりと見せてくれますよ。

アンティーク キャビネット ペイント

こちらは外と内とのバイカラー。ホワイト×水色がロマンチックでガーリーな表情を見せてくれるアンティークキャビネットです。お姫様のお部屋のような、ロマンチックなフレンチスタイルの一員にぴったりですね。
内と外でのバイカラーのキャビネットは、一見するとホワイト1色ですが、扉のガラス越しに見える色の違いは、白を基調としたお部屋に取り入れれば密やかなアクセントとなってくれますよ。インテリアにほんの少し差色のエッセンスを加えたい場合などにはおすすめです。

このように、ホワイトでも組み合わせる色によっていろいろな表情を楽しむことができます。真っ白だと味気ないかな、と感じる方は、ぜひお好みの色、インテリアのテイストに合わせた色とのバイカラーのアンティークキャビネットを選んでみてくださいね。

人気のホワイトカラーのアンティークキャビネット。ところで「白」の効果はどんなもの?

インテリア フレンチシャビー

まずはおすすめのホワイトペイントのアンティークキャビネットをピックアップしてみましたが、いかがでしょうか。フレンチスタイル、ブリティッシュスタイル、レトロスタイルと、デザイン自体にそう差はないはずなのに、木製のアンティークキャビネットとはまた違ったホワイトカラーの魅力に心がときめいてしまいますよね。
さて、私たちを魅了するそんなホワイトインテリアですが、そもそもインテリアにおいて「白」のもたらす効果はどんなものがあるのでしょう。ちょっと興味がありませんか?

この章では、白という色の持つ効果から、ホワイトインテリアのメリット・デメリットに注目してみますので、興味のある方もない方も、ぜひ目を通してみてくださいね。メリット・デメリットを知ることで、インテリアを楽しみながらより快適に過ごせるお部屋作りにつながりますよ。

広く、明るく…ホワイトインテリアのメリット

ホワイトインテリア キッチン

白という色は、色の中でもっとも明度の高い色です。空間にもたらされる明度の視覚効果のひとつに、「広さ」があります。明度の高い、すなわち明るい色であると、広さが同じ空間でもより広く感じられるのです。したがって、最も明度が高い色である白をインテリアに多用すれば、お部屋を広く見せることができるということですね。手狭なワンルームなどには、白はぜひ活用したい色であるといえます。
また、明度の高い色は、軽やかさややわらかさを感じさせる色でもあります。なので、例えば大きなキャビネットのような家具でも、重厚感を感じさせずに圧迫感を軽減してくれますよ。
そしてもうひとつ、白は光の反射率が高い色。反射した光で、お部屋を明るく見せてくれます。すっきり明るいお部屋は、気持ちよく過ごせそうですよね。
ざっくりと簡単に取り上げましたが、白を取り入れたインテリアは、お部屋を広く明るく見せてくれるので、開放感のあるお部屋作りができる、という点がメリットとして挙げられますね。他にも、どんな色とも合わせやすいといったメリットもあり、様々なインテリアコーディネートで応用が利くという点もホワイトインテリアの魅力であります。

ちょっと疲れちゃうかも…ホワイトインテリアのデメリット

ホワイトインテリア キッチン

さて、ホワイトインテリアのメリットを取り上げましたが、陽の面があれば陰の面もあるのが節理。ホワイトインテリアのデメリットもしっかり確認しておきましょう。
メリットの中で、白は光の反射率の高い色とご紹介しましたが、反射率が高いと室内が明るくなる半面、長時間過ごすとその眩しさで疲れを感じるようになってしまいます。また、白というと清潔感を感じる色でもあり、白の割合が増えると無機質さも感じ、ある種の緊張感にさらされ落ち着きにくい部屋となってしまうこともあります。こういった点は、ホワイトインテリアのデメリットであるといえます。
でもご安心ください。心身に支障をきたすのはちょっと…と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このデメリットを踏まえた上で、程よく白をインテリアに取り入れれば、メリットを活かしたホワイトインテリアを楽しむことができますよ。

ホワイトインテリアを楽しむにはどうしたらいい?

ホワイトインテリア リビング

光の反射率が高いということを考えると、つまりは光がたくさん入るお部屋であればあるほど眩しさを感じるようになるということです。窓を大きくとったたっぷりお日様の光の入るお部屋などでは、インテリアに白をたくさん用いるのは控えた方が良いといえますね。逆に、採光が限られたお部屋などでは白いインテリアを多く取り入れることでお部屋に明るさを感じることができます。
また、無機質感は、真っ白なピュアなホワイトを選ばず、オフホワイトやアイボリーなど淡く色を感じる白を選ぶことで軽減されます。ぱきっとしたホワイトよりもぬくもりを感じる白を選べば、白をたくさん取り入れたインテリアでも比較的デメリットをおさえながらメリットを活かせますよ。白をベースに他の色と組み合わせる場合も、赤やオレンジ、黄色のような暖色やグリーンといった色と組み合わせてみてください。あたたかみがプラスされて無機質感が和らぎ、落ち着きを感じるお部屋になります。

昨今、雑誌やSNSでもよく見かける、憧れのおしゃれなホワイトインテリア。メリット・デメリットのポイントをおさえて、あなたもぜひホワイトカラーのアンティークキャビネットを取り入れてインテリアを楽しんでみてくださいね。

ホワイトペイントのアンティークキャビネットのあるコーディネート実例

アンティークキャビネット ホワイト インテリア

さて、ここまでにホワイトアンティークキャビネットのおすすめアイテムや、白を用いたインテリアのメリット・デメリットをご紹介してきましたが、いよいよインテリアコーディネートの実例をご紹介してみたいと思います。
単体で見て「素敵!」と感じたホワイトアンティークキャビネットも、実際に頭の中でインテリアコーディネートに組み込もうとすると、なかなかイメージが膨らまなかったりしますよね。ペイント家具は初めて、という方などはなおさらではないでしょうか。

ここでは、アンティークキャビネットをはじめペイント家具を多用したコーディネートや、アクセントとしてホワイトアンティークキャビネットを取り入れたコーディネートなど、様々なお部屋をピックアップしてみました。ぜひあなたの理想に近いお部屋を探して、イメージを膨らませる参考としてみてくださいね。どのお部屋も素敵なお部屋なので、楽しみながらお部屋を見学していきましょう。

白のアンティークキャビネットでホワイト×ウッドのナチュラルカントリーなダイニングに

インテリア ホワイトナチュラルカントリー

まずはナチュラルカントリーなダイニングからご紹介。アンティークキャビネットをはじめ、テーブルやチェアなどインテリア全体をレトロ調のデザインかつホワイト×ウッドでまとめた、ほっこりやすらげるダイニングルームです。
ちなみにこのインテリアコーディネートの主役は、お部屋を彩るたくさんの植物たち。ゆったりとした癒しの時間を過ごせそうな空間ですね。

キャビネット ホワイトナチュラル

このお部屋の一員として選ばれたアンティークキャビネットは、引き戸のデザインがちょっとおしゃれなこちらの白い和製アンティーク食器棚。収納された作業台のウッドがホワイトの中にラインをひいてつなぎとなり、他のホワイトやウッドの家具としっくり馴染んでいます。
設置場所が少しドアから近いのですが、室内から見るとキャビネットのホワイトが白い壁に馴染んで、見た目に圧迫感なく実際よりも十分なスペースがあるように感じられますね。

ナチュラルインテリア 雑貨

植物と相性の良いナチュラルなアンティークウッド家具ですが、ホワイトを取り入れることで、より鮮やかにグリーンが映えて見えます。ふんわりやさしいナチュラルスタイルがお好みであれば、明るい色の木色のものを選んでみてくださいね。ナチュラルなウッド×ホワイト×グリーンで、癒しの空間を演出してくれますよ。

白、白、白!ワンルームもホワイトカラーのアンティークキャビネットで広々と感じて

ホワイトインテリア ワンルーム

続いてはホワイトを基調にコーディネートしたワンルームです。アンティークキャビネットやマス目棚など、収納力のある大きな家具がぎゅっと配置されていますが、それほど圧迫感は感じず、広々として見えます。白の視覚効果はなるほどこういうものかと実感できますね。大部分を白が占めながらも、ウッド感やシャーベットカラーを取り入れることで、ナチュラルにかわいく、そして落ち着ける空間に仕上がっています。

アンティーク 食器棚 ホワイトペイント

たっぷりの収納力のキャビネットは、ホワイト×ミントグリーンのバイカラーがノスタルジックなレトロかわいさで乙女心をくすぐります。グリーンは刺激の少ない中間色ということもあって、ふとした拍子に無機質さを感じるホワイトの印象を緩和する差し色としてぴったりですね。また、ホワイトばかりだと印象がぼやけてしまいがちですが、グリーンが入ることで程よく印象が引き締まっています。

インテリア ホワイト

アクセントカラーのミントグリーンは、テーブル横の小引き出しにも。ちなみにもうひとつの小振りなホワイトキャビネットからは、同じくミントグリーンのアンティークキャニスターがガラス越しに顔をのぞかせています。これと決めた差色を小物などで散らすことで、単調さを崩しながらもまとまった印象のコーディネートになりますよ。あなたのセンスをきらりと光らせたアクセントカラー使いで、コーディネートを楽しんでみてくださいね。

オフホワイトのアンティークキャビネットでリビングダイニングをシャビーシックに楽しむ

インテリア シャビー シック

先ほどの2つのお部屋はどちらかというとふんわりとしたかわいらしい印象のお部屋でしたが、こちらはシャビーシックな大人かわいいリビングダイニング。ファブリックやペイントが落ち着いたトーンのカラーのインテリアでまとめられています。お子さんが遊ぶロッキングホースも、ユニークなアクセントとしてインテリアに溶け込んでいますね。

インテリア アンティーク

こちらのお部屋の主役ともいえるアンティークキャビネットは、西洋風味の和製アンティーク。シャビーシックなお部屋作りには欠かせないホワイトペイントです。ベースのシルエットは和製アンティークの食器棚の定番といえますが、引き戸のデザイン、そしてオフホワイトのペイントにどこか西洋の風を感じます。イギリスアンティークのダイニングセットやウォールキャビネットと並んでも、まったく違和感がありませんね。

アンティーク 雑貨 シャビー

シャビーシックな空間づくりにはホワイトの他、このようなグレーもぴったりです。このお部屋では、サイドボード、サイドキャビネット、ソファがグレーですね。よく見ると先ほどのキャビネットの内側もグレーでペイントされています。大人かわいい雰囲気が魅力のシャビーシックですが、ホワイトにやさしいグレーを組み合わせることでさらにぐっと大人っぽく、やわらかく落ち着いた印象になりますよ。

ホワイトペイントキャビネット×カラフルでレトロポップなリビングダイニング

インテリア ミッドセンチュリー

ホワイトペイントのアンティークキャビネットは、ポップな印象のお部屋にも。細いフレーム使いのモダンなシルエットの家具やポップなイエローを取り入れたリビングダイニングは、ミッドセンチュリーテイストなこじゃれ感にうきうきしてしまいますね。ちょっと懐かしさをおぼえるようなレトロな雰囲気も胸をときめかせます。

アンティーク レトロポップ

このお部屋のアンティークのホワイトキャビネットは、こちらのアイアン製のケビントです。ちょっぴり素っ気なさも感じるシャープなシルエットにホワイトのペイントはザ・シンプルといった感じで、個性あるインテリアと組み合わせてもぴったりはまります。ホワイト×ガラスは光を散らし、夏を感じるお部屋の雰囲気に爽やかな明るさをプラスしていますね。また、白が入ることで他の色が引き立ち、全体のレトロポップな印象が際立ちます。

インテリア ヴィンテージチェア

ミッドセンチュリースタイルに欠かせないものといえば、デザイナーズチェア。こちらのチェアは、イームズのシェルチェアを彷彿とさせるアメリカン・ヴィンテージのチェアです。つややかなプラスチックの座面がスタイリッシュでモダンですね。
今回のホワイトアンティークキャビネットもアイアン製のものを選びましたが、洗練されたレトロでポップなミッドセンチュリーテイストを演出するなら、鉄やプラスチック、革といった素材をチョイスしてみてください。プラスして色で遊べば、存分にその雰囲気を楽しむことができますよ。

白×黒。ホワイトペイントアンティークキャビネットでダイニングにメリハリを

インテリア アンティーク エレガント

より大人な雰囲気の漂うこちらのダイニングは、それぞれの家具のコントラストがお互いを引き立てあい、見事な調和をとっています。ダークトーンの木製家具は品良く落ち着いた空間を演出していて、凛とした大人な雰囲気のダイニングルームです。

インテリア キャビネット ホワイト

ダークトーンの家具を多用すると重苦しい雰囲気になってしまうこともありますが、こちらのフランスアンティークキャビネットのような白家具は空間にメリハリをつけてそんな雰囲気を緩和してくれます。
こちらのカップボードキャビネットは、ホワイトに冴え冴えとしたブルーの色ガラスが映え、非日常を錯覚させるような美しさを湛えたアンティークキャビネット。背後のアクセントウォールが、そのコントラストをより美しいものとしています。白壁に合わせると馴染んで空間に広さを感じさせるホワイトアンティークキャビネットも、色の濃い壁に合わせるとその存在が際立ちますね。

アンティーク ガラス戸 色ガラス

空間に漂う非日常感のある美しさに拍車をかけるのが、キャビネットの色ガラスと同じくブルーの色ガラスの入ったガラス戸です。色ガラス越しに通る光が何とも幻想的ですね。ともすればその独特の存在感によりコーディネートから浮いてしまいそうなキャビネットも、このガラス戸のブルーとリンクすることで自然に空間に馴染んでいます。個性的なアイテムをインテリアに取り入れる場合は、ほんの少しでも他のインテリアと共通するポイントを持たせると、コーディネートにぐっと取り入れやすくなりますよ。

木のぬくもり溢れるリビングに、卓上サイズのアンティークキャビネットでちょっぴり白のアクセント

インテリア アンティーク ナチュラル

章の始めにホワイトナチュラルなお部屋をご紹介しましたが、こちらのリビングは、より木のぬくもりを前面に出したナチュラルスタイルのリビングです。自然な風合いを感じさせる木目の木製家具を多用し、ほっこりくつろぎのリビング空間に仕上がっていますね。それぞれの家具のシルエットも、どっしりとすっきりとのバランスがちょうど良く、安定感のある落ち着きを感じます。

アンティーク 卓上キャビネット

そんなナチュラルウッドなインテリアの中に選んだホワイトアンティークキャビネットは、こちらの小振りで薄型の卓上サイズのキャビネットです。木ばかりだとちょっと物足りなさを感じそうな壁際のスペースに、淡いクリームがかった白の色味がほんのり甘いアクセントをプラスしていますね。濃い色味の引き戸の木枠がホワイトの印象を引き締めつつも、やさしい木味のテーブルに寄り添ったナチュラルな雰囲気です。

アンティーク インテリア リビング

壁際ではホワイトを差し色としましたが、こちらのお部屋では中央に鎮座するソファのファブリックに使われた落ち着いた藍色が目をひきますね。ソファの他、デスク前のクッションスツールの座面も同じ色味のファブリックです。このお部屋ではウッドカラーをメインに、藍色がサブカラー、白がアクセントカラーとなっています。メイン、サブ、アクセントの順に空間における色の比率を減らしていくと、バランスよくコーディネートできますよ。お部屋のコーディネートを考える際にはぜひ意識してみてくださいね。

レトロな雰囲気のダイニングは、アンティークキャビネットのホワイトで木の味わいを引き立て

インテリア アンティーク レトロ

引き続き木製家具が主役のこちらは、レトロな和製アンティーク家具がノスタルジックなダイニング。先ほどのお部屋と比べると木の色が濃いブラウンで、より落ち着いた印象ですね。それでいてどこかかわいらしい印象なのは、ところどころまるみを帯びたフォルムのレトロな面立ちの家具のおかげでしょうか。レトロ家具って不思議となんとなくかわいらしい印象ですよね。

アンティーク キャビネット 食器棚

深みのある色の木製家具を集めてシックなナチュラルスタイルを楽しむのも素敵ですが、木の色だけを集めたインテリアは、見方によっては味気なさを感じたり、ちょっぴり野暮ったく感じたりしてしまうことも。そんな時は、木の魅力を邪魔しないホワイトカラーのアンティークキャビネットを招き入れれば、単調なリズムを崩してふっと息を抜くインテリアのポイントになってくれますよ。相手を選ばない白は、インテリアカラーの優等生ですね。

アンティーク ダイニングセット

コーディネート全体の単調さを崩す、という意味では、こちらのダイニングセットのように、チェアのデザインを統一せずにばらばらにする、というのもひとつのポイントです。もちろんデザインが揃っていた方が統一感は出ますが、家族それぞれで好きなチェアを選べば、遊び心が感じられてインテリアのアクセントになるほか、なんとなく毎日の食卓が楽しくなりそうですよね。
ぜひ色やデザインなどで統一感の崩しポイントをつくって、インテリアコーディネートを楽しんでみてください。

フレンチスタイルを楽しむなら、白以外のペイントアンティークキャビネットもチェック

アンティーク カップボード ペイント家具

ホワイトアンティークキャビネットを取り入れたお部屋を7つご紹介しましたが、楽しんでいただけたでしょうか。あなたのイメージに近いお部屋がありましたなら僥倖です。ぜひ参考にしてみてくださいね。
ところで、白いアンティークキャビネットをお探しの方の中には、フレンチスタイルがお好きで探している、という方も多いのではないでしょうか。たしかに、白家具はフレンチスタイルのインテリアの定番ですよね。でも、フレンチスタイルといえば、パステルカラーやグレイッシュカラーのペイントキャビネットもまたぴったりな家具なのです。また、そういったカラーの家具は、フランスアンティークの家具でなくてもフレンチスタイルを楽しむことができますよ。

ここからはそんなフレンチスタイルがお好みの方に向けて、少しばかりですが、フレンチテイストのペイントアンティークキャビネットを用いたインテリアコーディネートをご紹介します。インテリアコーディネートは多種多様。「白以外は別に…」という方もコーディネートのヒントを得られるかもしれませんので、流してしまわずにぜひ一緒にご覧くださいね。

かわいいミルキーカラーのアンティークキャビネットでフレンチカントリーなダイニング

インテリア フレンチカントリー

暖かな陽光の差し込む明るいこちらのダイニングは、家族団欒の笑い声が聞こえてきそうな木のぬくもり溢れるフレンチカントリーテイストなダイニングです。家具の少ないさっぱりとシンプルなお部屋ながらも、ほんのりロマンチックな雰囲気が漂いますね。素朴ながらもガーリーな魅力が溢れています。

アンティーク 食器棚 フレンチペイント

そんなロマンチックな雰囲気を醸し出すのは、やはりこちらのペイントキャビネットですよね。レトロな和製アンティークの食器棚ですが、ミルキーなやさしいグリーンが和の食器棚をロマンチックなフレンチテイストに塗り替えています。エイジング塗装を施されたシャビー感もポイントですね。使い込まれたような風合いは、こちらのアンティークキャビネットが暮らしの中に息づいているのだと感じさせます。

アンティーク ダイニングセット カントリー

明度の高いミルキーカラーは白同様、空間を明るく、ゆとりをもたせて見せてくれます。やさしい色味は心を穏やかにさせてくれ、楽しい団欒の時を過ごすダイニングにもうってつけですね。とくに中間色のグリーンは刺激の少ない色なので、ゆったりとくつろげる空間づくりにはおすすめのカラーですよ。
木のぬくもりにプラスしてやわらかなミルキーカラーのペイントキャビネットを取り入れて、ほっと落ちつくフレンチカントリーなお部屋を作ってみてくださいね。

グレイッシュなアンティークキャビネットでフレンチカントリーな雰囲気に心ときめくダイニング

フレンチカントリー ダイニングルーム

こちらもまたかわいらしいフレンチカントリーテイストのダイニングです。お友達を招いてのお茶会などをいっとう楽しい時間にしてくれそうな、乙女心をくすぐる「かわいい」がぎゅっとつまっていますね。反発することなく馴染む同系統の複数のペイントカラーを取り入れることで、雰囲気は明るく、それでいてちょっぴり甘さ控えめなフェミニンなフレンチカントリースタイルが完成しています。

アンティーク キャビネット フレンチ

視線を引き寄せる大振りなアンティークキャビネットは、先ほど同様和製のアンティーク食器棚です。こちらはよりシンプルな、いかにも和製の食器棚!といったデザインですが、ほんのりグレイッシュなくすみのある水色のペイントがフレンチテイストを匂わせますね。また、引き出しの取っ手をガラス取っ手にリメイクしているのもフレンチスタイルにすんなり馴染ませるポイントです。たったそれだけでも西洋アンティークとの親和性が高まるので、和洋を織り交ぜたコーディネートを楽しむ際は、ぜひちょっとしたDIYで工夫をしてみてください。

アンティーク ケビント フレンチカラー

もうひとつのアンティークキャビネットは、爽やかなグリーンのペイントのアンティークケビント。すっきりと伸びたシルエットも相まって、ホワイトベースの窓辺に軽やかな彩りを添えています。ケビントのフレンチカラーも然ることながら、脚元のワイヤーでできた鳥籠がシャビーな要素をプラスし、よりフレンチ気分を盛り上げてくれますね。甘すぎないフレンチスタイルをつくりたい!という方は、スパイスとしてこのようなシャビーシックなアイアン製の家具や雑貨などをプラスしてみると良いですよ。

やさしいグレーのアンティークキャビネットでフレンチレトロにおしゃれなアトリエ

インテリア フレンチ レトロ

こちらのアトリエは、レトロ感たっぷりな和製アンティークを中心にコーディネートされています。それでいてどこかフレンチスタイルのコーディネートらしさも感じるのは、アクセントのフランスやイギリスのアンティークと、所々に取り入れられたホワイトやグレーを帯びた水色のペイント家具たちの存在でしょうか。レトロな雰囲気とナチュラルな雰囲気がマッチして、なんともおしゃれなアトリエですね。

インテリアコーディネート フレンチレトロ

こちらのアトリエに置かれたアンティークキャビネットは、グレイッシュな水色というか、青みを帯びたライトグレーというか、絶妙の色味が雰囲気のある和製アンティークのカップボードです。和製アンティークではありますが、ふっくらまるい脚などはフランスアンティークを感じさせるようなデザインです。ちょっと小振りなサイズ感もかわいらしいですね。やさしいグレートンのカラーとフレンチライクなデザインのアンティークキャビネットは、和製アンティーク主体のコーディネートにフレンチテイストをプラスする立役者です。

アンティーク 雑貨 ブロカント

ちなみにこちらのアトリエのコーディネートのポイントは、ブロカント。ブロカントとは、「美しいガラクタ」。言葉の響きからして心惹かれますね。このお部屋でいえば、キャビネットのそばに置かれたフランスアンティークのベビーベッドなどがそうです。シャビーなアイアンに古びたロープのネットのベビーベッドはもはや実用には向きませんが、趣のある佇まいはまさしく美しいガラクタですね。
「フレンチスタイルのインテリアは憧れるけど、色々揃えるなんて無理!」という方は、1点こういったブロカントを取り入れて、ホワイトカラーやパステルカラー、グレイッシュカラーの家具と一緒にコーディネートすると、フレンチテイストな雰囲気のインテリアを楽しむことができますよ。

ヴィンテージ×アンティークフレンチペイントキャビネットで甘辛ミックスな大人のリビング

インテリア フレンチシャビー

ここまではあまい雰囲気のフレンチスタイルのコーディネートをご紹介してきましたが、最後は甘さがありつつもちょっぴりビターな、大人なリビングをご紹介します。壁際のドレッシングスペースはフレンチペイントのキャビネットをはじめにミラーや小物使いでガーリーな要素が詰め込まれ、リビングスペースはヴィンテージ家具でシックにクールに決まっていますね。

フレンチキャビネット ワードローブ

こちらのフランスアンティークキャビネットは、ほんのりと甘さを感じさせるスモーキーなブルーのペイントが印象的な、フェミニンなスタイルのワードローブ。引き出しのぽつんと小さなつまみやふっくらとした脚が愛らしいですね。それでいて辛口なヴィンテージ家具とのミスマッチ感がないのは、やはりペイントカラーのおかげでしょうか。シックに決めたい場合は、白の混ざったパステルカラーではなく、グレイッシュカラーを選ぶとベターです。

家具 トランク ヴィンテージ

単体で見るとあまい雰囲気の漂うフレンチテイストのアンティークキャビネットも、スパイスの効いたヴィンテージ家具と組み合わせれば、こちらのお部屋のように、甘いだけではない洗練されたフレンチスタイルを楽しむことができますよ。あなたのお好みで甘さと辛さのバランスをとりながら、大人なフレンチスタイルを楽しんでくださいね。

最後に

今回はたくさんあるアンティークキャビネットの中から、「ホワイト」のアンティークキャビネットにスポットを当ててご紹介してみました。木製のアンティークとは一味違った魅力、ご堪能いただけましたでしょうか。
もともと白いアンティークキャビネットをお探しでした方の参考となりましたならもちろん、また、なんとなく読んでみたという方にとってもこの記事が素敵なホワイトアンティークキャビネットとの出会いのきっかけとなりましたなら、筆者も嬉しく思います。
ぜひホワイトカラーのアンティークキャビネットを取り入れて、あなただけのお部屋作りを楽しんでくださいね。

アンティークのホワイトキャビネットと出会うなら、ぜひ「アンティーク家具ラフジュ工房」へ

アンティーク 食器棚 ホワイトペイント

アンティークとの出会いは一期一会。アンティークホワイトキャビネットとの出会いもまた然り。 当サイトを運営する株式会社ラフジュ工房のWEBショップ「ラフジュ工房」では、日々ニューフェイスのアンティーク家具を更新して販売しています。 アンティークホワイトキャビネットとの素敵な出会いをお求めの方は、ぜひショップをのぞいてみてくださいね!

 

【アンティーク家具 ラフジュ工房なら】

ウォールキャビネット ホワイト・商品総数4,000点以上!
西洋アンティーク、北欧ヴィンテージ、和家具など、あらゆるテイストの家具が常時4,000点以上揃っています。もちろん、ホワイトペイントのアンティークキャビネットもたくさんあなたを待っていますよ!

・安心して使えるアンティーク
隅々の清掃からはじめ商品としっかり向き合い、現代の生活でもきちんと使えるようリペア・リメイクを行っています。

 

キャビネット レトロ ホワイト

・商品画像が充実!
安心してお買物をお楽しみいただけますよう、気になるアンティークならではの傷などもしっかりと撮影し、実物そのままをお伝えしています。

・ご購入前・ご購入後も丁寧なサポート
アンティークの初めてさんでも安心してご利用いただけますよう、しっかり丁寧にサポートいたします!キャビネットの選び方からご購入後のメンテナンスのことまで、気になるポイントがありましたらどうぞお気軽にご相談ください。


ラフジュ工房で「白いアンティークキャビネット」を探す

SNSで新情報をチェック

コメントを残す

*

お気に入りのアンティークを見つけたい方へ
きれいで使いやすい家具が4,000点以上!