ブランド家具を売る

カッシーナを高価買取してもらうためのコツ、すべて教えます!

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
カッシーナ 買取

数あるブランド家具の中でも絶対的な人気を誇るカッシーナ。そんなカッシーナを売るのであれば、できるだけ高く買い取ってもらいたいですよね。

多くの方はブランド家具専門の買取業者に買取を依頼すると思いますが、高く売りたいと思うなら、査定の際に何を基準に買取の可否を判断されているのか、また何を基準に値段を付けられているのか知り、適切な業者を選ぶことが大切です。実はカッシーナの査定では表立ってはいわれていませんが、多くの業者に共通する査定の法則がちゃんとあるんです。この記事ではその「カッシーナ査定の法則」を順番にお伝えしていきます。

まず初めに買取業者の査定内容を左右する、カッシーナ家具ならではの特徴をご紹介します。次に高く買い取ってもらえる人気モデルとそれぞれの買取価格を左右するポイント、そして高く売るために自分でできることをお伝えします。これを読んで「査定の法則」を知っていただければ最適な買取業者を選んで、より高額での買取を目指すことが出来ますよ。

なおこの記事はカッシーナに特化していますが、買取業者の選定方法や注意点など、ブランド家具全般に共通した高額買取のコツは以下の記事にまとめています。ぜひこちらも読んでみてくださいね。

知っているとお得!ブランド家具を高額買取してもらう方法

カッシーナ家具の特徴

カッシーナを査定する際、買取業者はどんなところを見ているのでしょうか。ここではまず、カッシーナ家具全般にみられる買取内容を左右する特徴を押さえておきましょう。

カッシーナにはイミテーションが少なくない

カッシーナでは現代に活躍する建築家とのコラボレーションでつくられるコンテンポラリー(contemporary)と20世紀初頭の巨匠建築家の作品を復刻したイ・マエストリ(I Maestri)2つのコレクションが展開されています。実はイ・マエストリでつくられる家具のデザインはすでに意匠権や著作権が期限切れになっていることから、デザインだけを真似た他社製造のイミテーションやジェネリック家具と呼ばれる類似品が数多く出回っているのです。まれに自分のイミテーション家具をカッシーナの正規品だと思われている方もいるので注意が必要です。

イミテーションの中には定価が高価なものもありますが、カッシーナの正規品でないことから買取をしてもらえない場合も多いです。少なくとも高額で買取してもらえる可能性は非常に低いといえます。少しでも高く売りたい方は買取業者に売るのではなく、自分でネットオークションを通じて売却する方がいい結果につながることもありますよ。

「きれいな状態」そして「現行モデル」であることが重要

カッシーナ カタログ

カッシーナ家具の買取は「状態」そして「現行モデル」であるという2点が大きな肝となってきます。これは「新品を買いたいけれど、中古でもいいから少しでも安くで手に入れたい。」という需要が非常に大きいからです。そのためいわゆるくたびれた印象の使用感があったり、すでに廃版となってしまったアイテムは正規品であっても査定額がガクッと下がる、あるいは買取してもらえないこともあります。一方現行モデルで、例えば別荘などに置いていてほとんど使用していない使用感が少ないものは、高額での買取が期待できますよ。

とはいえ家具の状態に関していえば、ほぼ未使用の場合を除けば、どの程度が「きれいな状態」なのか判断しにくいですよね。そこで買取業者では後ほどお話しする「家具の種類」も加味して家具の状態を推測し、査定を行うようです

家具の種類によって使用感の出やすさに差がある

カッシーナの家具は、家具の種類によって使用感の出方に差があります。前述したように「きれいな状態」であることがカッシーナ家具においては大切なポイント。使用感が出やすい家具なのか出にくい家具なのか、家具の種類によって買取金額が左右される傾向にあります。

 箱もの家具はきれいな状態が保ちやすい

カッシーナ テレビボード

カッシーナのローボードやチェストなどのいわゆる「箱もの家具」は、構造が丈夫な上使用頻度もそこまで高くないことから、使用感が出にくいです。よって長期間毎日使っていても買取金額が大きく下がらない傾向にあります。それに加えてこういった収納家具は中古市場にほとんど出回っておらず需要も十分。思っていた以上の金額で買い取ってもらえるかもしれません。

クッション性のある家具は使用感が出やすい

カッシーナ ヴェランダ

カッシーナ家具の中でも、ベッドやソファ、座面がふかふかした椅子などクッション付きの家具は数十キロの体重を掛けて使う訳ですから、どうしても使用感が出やすいアイテムです。特にペットやお子さんがいらっしゃる家庭では思った以上にクッションがへたっていることも。このような事情からクッション性のある家具は買取業者も査定に慎重。ほぼ未使用の状態でない限り低価格での買取、あるいは買い取れないと判断されることが多いです。

とはいえソファや椅子を売りたいという方は多いと思います。安心してください。使用感が出やすいソファやチェアですが「張地のランクが高い」「人気モデルである」という2つの条件のどちらかを満たしていれば、高い金額を付けてもらえる可能性が十分あります。この2つに関してはこの後順にご説明します。

張地のランクが細かく分かれている

カッシーナ ソファ

カッシーナのソファや椅子の張地は細かくランク分けされています。現時点では11ランク程度に分けられており(2017年3月現在ではA・E・K・F・L・O、そして本革(FX・FY・LCX・Y・Z))各ランクごとに2~5万円程度の価格差があります。Aが最も廉価で、本革のZが最高級です。

買取の際には基本的に、張地のランクが高いほど買取金額も上がります。けれど細かなランクの違いよりも重要なのが布製か革製かということです。もちろん元の価格の違いもありますが、「使用感の出方」が違うことから買取価格に大きな差が出ます。布製品は使用感が「汚れ」となって表れるので、買取価格は安くなりがち。一方の革は使用感が「味」と認識されやすいことから布製よりも高く売れる傾向にあります。

ただしモデルによっては中古市場に革製が多く流通し、布製が希少であるとみなされることも。この場合ほぼ未使用に近いような状態のいい布張であれば、高価買取してもらえます。

 ロングランモデルは根強い人気がある

カッシーナ LC1

人気モデルは流行でも決まりますが、カッシーナの場合「長年製造されているロングランモデル」も流行品に負けず劣らず高い人気があります。というのもカッシーナのロングランモデルはニューヨーク近代美術館に所蔵されるなど、美術品としても高く評価され、普遍的な魅力を放っているからです。

家具の種類が多少使用感が出やすいものでも、人気モデルであれば使用感に関わらず高価買取してもらえる可能性があります。目安としては同じ状態の他モデルが定価の10~15%での買取だとしたら、人気モデルは定価の20~30パーセントくらいの価格が付く、それくらいのイメージです。場合によっては定価の40%くらいで買い取ってもらえることもあるようです。

中古市場で人気!カッシーナ家具6選

先ほどもお伝えしましたが、チェストなどの箱もの家具は全般的に高く買い取ってもらえる傾向にあります。それではその他の家具に関してはどうでしょうか。ここではカッシーナ家具の中でもソファ・チェア・テーブルに関して、中古市場において需要が高い人気モデルを、買取相場と共にご紹介します。お手持ちの家具が該当するようなら、高価買取してもらえる可能性が高いですよ。

※買取価格は家具の状態に大きく左右されます※

以下にご紹介する人気モデルでも家具の状態によっては、買取金額が買取相場の金額を下回る、あるいは買取不可となる可能性があります。

※定価の価格幅を反映し、買取価格にも幅があります※

カッシーナ商品の定価は「張地のランク」および「受注輸入品であるかどうか」によって大きく左右され、同じ型でも価格に大きな開きがあります。そんな定価の幅を反映して、買取価格にも幅があります。

■買取相場の記載方法について■

以下にご紹介する買取相場は、家具の状態の程度ごとに分類し記載しています。家具の状態はA~Cの3ランクに分けて定義しています。各ランクの定義は以下の通りです。

 

Aランク : 使用感、汚れやダメージの無いほぼ新品に近い状態。

     モデルルームの展示品など。

 

Bランク : 購入から多少年月は経っているが、使用感が少なく目立つダメージや汚れが無い状態。

     別荘に置かれほとんど使っていない家具など。

 

Cランク : 通常使用で多少の使用感や小さな傷はあるが、中古品としてまだまだ使える比較的きれいな状態。

 

ランク外: 使用感がありダメージや汚れなどが多い状態。

     ソファであれば座面にへたりが見られる。

     ランク外は買取が難しく、値段がつかないことが多い。

ソファ

・LC2・LC3

ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンといったカッシーナを代表するデザイナーがつくり上げた「LCコレクション」。パイプをフレームに使った高名なコレクションです。その中でもLC2・LC3という2種類のソファは、カッシーナの代表作として特に人気。華奢な金属パイプのフレームにボリュームあるクッションをはめ込んだ姿は、洗練された印象です。

■定価(すべて税抜)(2017年3月時点)

LC2
・1人掛け:47万円~120万円
・2人掛け : 75万円 ~ 188万円
・3人掛け:117万円~240万円

LC3
・1人掛け:55万円~130万円
・2人掛け : 84万円 ~ 195万円
・3人掛け:128万円~270万円

■買取相場:LC2・LC3で共通

 

1人掛け

2人掛け

3人掛け

Aランク

10~20万円

10~25万円

25~40万円

Bランク

5~10万円

5~10万円

10~25万円

Cランク

1~5万円

1~5万円

5~10万円

※LC2・LC3はクッションの中材の種類にも注目※

LC2・LC3の価格を左右するポイントのひとつがクッションの中材の種類です。もともとクッションの中材はポリエステル(ポリエステルパッティング)の1種類しかありませんでしたが、近年新たにフェザー(フェザーパッティング)という選択肢が登場しました。フェザーを使ったタイプは中古市場ではまだ数が少なく、ポリエステルを使ったものに比べ査定額が高くなる傾向にあります。ただしフェザータイプの方が柔らかくへたりが目立ちがち。クッションの状態も考慮して査定がおこなわれます。

※どちらかというとLC3の方が日本では人気※

LC2とLC3は非常によく似ていますが、LC2は座面がダブルクッションになっており横幅がコンパクト。一方のLC3はシングルクッションで背が少し低く、横幅がよりワイドになっています。どちらも人気モデルではありますが、家屋の天井が高くない日本では背に低いLC3の方が取り入れやすく需要があるといわれています。

・マラルンガ

カッシーナ マラルンガ

ヴィコ・マジストレッティがデザインしたソファで、数ある中古ブランド家具の中でも非常に人気のある商品です。ソファの最高傑作といわれニューヨーク近代美術館にも所蔵されています。個々の座席ごとに動く背もたれでハイバックとローバックの調節ができ、美しさだけでなく使い勝手も抜群のシリーズです。ソファ内部に木製フレームを使うのが当たり前だった時代にモールドウレタンフォームを採用し、世界に衝撃を与えると共に瞬く間に人気となりました。

発売40周年を記念し2014年には縁にステッチが施された「マラルンガ40」という新モデルも登場しました。

■定価(すべて税抜) (2017年3月時点)

マラルンガ ソファ
・1人掛け:43万円~139万円
・2人掛け : 68万円 ~ 206万円
・3人掛け:92万円~273万円

マラルンガ40
・1人掛け:52万円~139万円
・2人掛け : 87万円 ~ 206万円
・3人掛け:119万円~273万円

■買取相場: マラルンガソファ・マラルンガ40で共通

 

1人掛け

2人掛け

3人掛け

Aランク

10~15万円

15~25万円

30~60万円

Bランク

5~10万円

10~15万円

10~30万円

Cランク

1~5万円

1~10万円

3~10万円

※マラルンガは張地の種類が重要※

他のカッシーナのソファにも言えることですが、やはり張地の種類が布製なのかあるいは革製なのかで買取価格は大きく異なってきます。特にマラルンガは背もたれを大きく動かして座り心地を調節するタイプなので、どうしても布地に負担が掛かりやすいです。買取時の状態がいい傾向にあり、また使い続けても使用感が出にくい革製の方が買取価格が高くなります。

チェア

・キャブチェア

カッシーナ キャブチェア 

マリオ・ベリーニデザインのキャブチェアはイタリアのモダンデザインを代表する椅子として数多くのメディアで絶賛され、ニューヨーク近代美術館にも所蔵されている名作です。鉄のフレームに厚い革を被せつくられており、使用するごとに革が体に柔らかく馴染んでいきます。

■定価(すべて税抜) (2017年3月時点)

キャブ アームレスチェア(412 CAB)
17万円

キャブ アームチェア(413 CAB)
28万2,000円 

キャブ ラウンジアームチェア(414 CAB)
・1人掛け:53万円
・2人掛け : 90万円

■買取相場

 

アームレスチェア

アームチェア

ラウンジアーム
チェア1人掛け

ラウンジアーム
チェア2人掛け

Aランク

5~6万円

7~8万円

7~8万円

10~12万円

Bランク

3~5万円

3~7万円

5~7万円

5~10万円

Cランク

1~3万円

1~3万円

1~5万円

1~5万円

※キャブチェアは使用感も多めに見てもらえる※

使い込むごとに体に馴染むのが大きな魅力のキャブチェア。他のカッシーナ家具とは異なり、使い込まれた味わいが魅力とされやすいので、かなり使用感があっても買取ってもらえる可能性が高いです。

・LC4シェーズロング

ニューヨーク近代美術館にも所蔵されているLC4シェーズロングは、「休養の為の機械」とル・コルビュジエが呼んだ寝椅子です。体の線に沿うように綿密にデザインされた背もたれの曲線、そして寝る角度を自由に変えられる革新的なデザインで素晴らしい寝心地を味わえます。発表から80年以上経った今でも世界一有名な寝椅子といわれており、20世紀を代表する傑作として高く評価されています。

■定価(税抜) (2017年3月時点)
66万円 ~82万円

■買取相場

Aランク

15~20万円

Bランク

5~15万円

Cランク

3~5万円

※LC4シェーズロングは張地の種類が肝※

LC4シェーズロングには背もたれの張地がキャンパス地のもの、レザーのもの、そしてハラコ(毛皮)のものの3種類があります。定価が高いこともありますがハラコのタイプが特に人気で、買取価格も高い傾向にあります。

テーブル

・LC6 

カッシーナ LC6

天板と鉄脚のシンプルな組み合わせが美しいテーブルLC6。鉄脚には当時飛行機に使われていた金属パイプが使用されています。新素材を活用したモダンな佇まいの魅力は、今でも色あせることがありません。

■定価(税抜) (2017年3月時点)
56万円

■買取相場

Aランク

12~15万円

Bランク

5~12万円

Cランク

1~5万円

※LC6は天板の素材がポイント※

天板に強化ガラス・アッシュ材・大理石の3つのバリエーションがあるLC6。その中でも知名度、人気ともに高いのが強化ガラスを天板に使ったモデルです。強化ガラスの天板を使ったモデルは、他のモデルよりも高く買い取ってもらえる可能性があります。

・713

カッシーナ 713

学生時代に化学を専攻していた経歴を持つ、テオドール・ワッデルがデザインした713。彼のそんなバックグラウンドを反映してか、713はまるで分子構造のような不思議な造形を楽しめるローテーブルです。繊細で軽快な印象から幅広いコーディネートに合わせやすく、また十分な耐荷重を備えた実用性もあることから根強い人気のあるアイテムです。

■定価(税抜) (2017年3月時点)
44万円

■買取相場

Aランク

10~12万円

Bランク

5~10万円

Cランク

1~5万円

※713は天板の傷の有無がポイント※

天板に使われたクリアガラスの美しさが魅力の713。その魅力を損ねないように、ガラス天板の傷の有無も査定の大きなポイントとなります。

カッシーナをなるべく高く売るコツ

お手持ちのカッシーナ家具を高く売るために自分でできることが2つあります。1つ目は確かに正規品であることを確認すること。そして2つ目は適切なお手入れをしながら大切に使うことです。

正規品の確認を忘れずに

冒頭でお話しした通り、お手持ちのカッシーナが正規品であることは非常に大切なポイントです。買取業者に正しい査定額を提示してもらうためにも、念のため買取を依頼する前に正規品か確認しておきましょう。
正規品かどうか判断する最も簡単な方法は、製品に付いた刻印やブランドマークを探すことです。マークの種類はコレクションによって異なります。

ル コルビュジエ 家具まずイ・マエストリコレクションは全てのアイテムにコレクションのロゴ、原作者のサインロゴ、そして製品ひとつひとつ異なる識別番号が刻印されています。刻印がどこに施されているかはカッシーナのホームページでも確認することができます。

カッシーナ 中古

カッシーナ 売却

一方コンテンポラリーコレクションには様々なパターンがあります。代表的なのが家具の裏側にブランド名の刻印があったり、椅子やソファ類のクッションにブランドタグが付いていたりする場合。椅子の脚にシールが貼ってあることもあります。

カッシーナ 売る

刻印やロゴが見つからない場合は製品に付属する保証書やIDカードを探しましょう。IDカードは製品それぞれに付けられた識別番号が記載された、カッシーナ独自のカードです。刻印やブランド名、保障書やIDカードどちらもない場合は、正規品である可能性は非常に低くなります。

ただし実はまれにですが刻印がない正規品も流通していることがあります。これは版権がカッシーナに移る前につくられたもので、カッシーナの保証書なども付属していません。この場合は専門知識豊富な買取業者に判断をしてもらう必要があります。

日頃から正しいお手入れをして丁寧に使う

家具 手入れ

カッシーナ家具の高額買取は、家具の状態のよさに掛かっているといっても過言ではありません。そのため家具の使用時には丁寧に使う、そしてこまめにお手入れをして大切に扱うことが重要です。カッシーナでは家具の購入時にメンテナンス方法をまとめたユーザーズガイドを配布しています。このガイドに沿ってお手入れすれば、間違いがなく安心です。紛失してしまったという方は、カッシーナのホームページからダウンロードもできますので、ぜひ活用してください。

カッシーナのユーザーズガイド
http://www.cassina-ixc.jp/shop/pages/after_service.aspx

また革製品のお手入れは、一歩間違えるとお手入れ前より家具の状態が悪くなるなど、デリケートな作業です。お手入れ時に使うクリーナーなどの製品は、カッシーナがガイドで勧めるものを使うのが、間違いがなくおすすめです。

まとめ

大切にしていたカッシーナ家具を手放すのなら、気持ちよくお別れしたいものですよね。買取業者がどんなことを考えて査定をしているのかその背景が分かれば、より納得してお手持ちのカッシーナを手放せるはず。こちらの記事を読んだ上で数社の買取業者を比較し、ぜひ納得のいく買取を実現させてくださいね。

 

カッシーナの買取を依頼するなら、専門知識豊富な「カムズファニチャー」へ

カッシーナ 中古

当サイトの運営会社である(株)ライジングプレナーでは、ブランド家具買取専門店「カムズファニチャー」にてカッシーナ家具の買取をおこなっております。

【ブランド家具買取専門店 カムズファニチャーなら】

・豊富な専門知識
ブランド家具買取専門店ならではの豊富な知識で、あなたのカッシーナ家具をしっかりと評価します。

・迅速な対応
豊富な予備知識に加え、常時専門スタッフが対応しておりますので、
お客様をお待たせしません

 

・地方だからこそできる高価買取
地代がかからない地方での営業の為、都心の業者以上の高価買取が実現できます。
万一他店より査定金額が安い場合はご一報ください。

・全て無料の査定・買取サービス
査定や買取は全て無料で行わせていただいております。
万が一交渉不成立となっても、キャンセル料等は一切掛かりませんのでご安心ください。

 

あなたの大切なカッシーナ家具を、次のお客様に繋ぐお手伝いができれば幸いです。
まずはお気軽にお問い合わせください。

 


「カムズファニチャー」をのぞいてみる

SNSで新情報をチェック

コメントを残す

*

国内外の高級ブランド家具の買取なら
実績豊富なカムズファニチャーへ!