アンティーク全般

フランスアンティーク家具好きなら必見!基本知識とおすすめ36選

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
フレンチカントリー

フランスアンティーク家具といえば、清楚な白いペイントの家具やブロカント風のシャビーな家具、エレガントな彫刻が入った家具など、うっとりとする美しい世界観を持った家具が多いもの。そんなフランスアンティーク家具を家に取り入れられたら、普段の暮らしも特別なものになりそうですよね。みなさんの中にも、フランスアンティーク家具が欲しい、家具の特徴やコーディネートについて詳しく知りたい、などフランスアンティーク家具が気になっている方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、フランスアンティーク家具好きのみなさんへ、その特徴や歴史などの基本的な知識をはじめ、プロがおすすめるフランスアンティーク家具をアイテム別にご紹介します。後半では、フレンチスタイルのインテリアコーディネート実例や選び方のポイントもお話ししますので、ぜひ最後までお見逃しなく!

それでは早速、フランスアンティーク家具の入門編として、その特徴からお話ししていきますよ。

Contents

まずはフランスアンティーク家具の基本から。特徴や歴史を知ろう

フランスアンティーク家具と聞いて、なんとなくイメージが湧く方も、詳しい特徴や歴史まで知っている方は少ないかと思います。せっかくなので、今回はその基本的なところから押さえていきましょう。フランスアンティーク家具のルーツがわかると、一層家具選びも楽しくなるはず。ぜひ目を通してみてくださいね。

フランスアンティーク家具の特徴は?王道は白ペイントのシャビーな家具

フランス アンティーク家具

フランスアンティーク家具というと、白いペイントや優雅な彫刻が目を引く、いわゆるフレンチスタイルの家具が思い浮かびませんか?でも実は、フランスアンティーク家具にも色々な様式があって、黒っぽい木味のクラシカルな家具や、力強い彫刻が目を引くゴージャスな家具などもあるんです。フランスの長い歴史を振り返ると、その時代ごとに愛されたインテリア様式があり、時にはいろんな様式がミックスされて、様々な家具が生まれました。なので、フランスアンティーク家具といっても、一言で説明するのが難しいんですよね。

フレンチ アンティーク 家具

ただ、フランスアンティーク家具全体としては、ペイント調のソフトでガーリーな家具や、繊細な装飾が施されたクラシックな家具が多いです。そのため、シャビーシックスタイルやブロカントスタイル、エレガントスタイルといったインテリアに人気があります。

フランス アンティーク 木材

木材は、マホガニー材やウォールナット材、オーク材など、耐久性が高く木肌が美しい高級木材が使われています。良質な素材が使われているだけに、長年の時が経っていてもリペアすれば問題なく使える良質な家具が多く、どれも深い風合いが加わって魅力をさらに増しています。

フランス アンティーク 特徴

今、日本のアンティーク家具屋で販売されているフランスアンティーク家具は、主に1900年頃から1970年頃までのもの。それ以降のものは、アンティークよりも時代が新しい「フランスヴィンテージ家具」として販売されていることが多いです。
フランスの1900年以降のインテリア様式といえば、アール・ヌーヴォー様式やアール・デコ様式が思い浮かびますが、それ以外にもそれまでの様式を踏襲して様々な家具が作られました。続いて、フランスアンティーク家具の古い歴史を振り返ってみましょう。

フランスアンティーク家具の歴史を紐解く!バロック様式やロココ様式など

フランスアンティークのインテリアの歴史について、17世紀頃のバロック様式から振り返っていきたいと思います。ぜひ家具の装飾やフォルムに注目しながらご覧ください。

17〜18世紀:ルイ14世時代の豪華絢爛なインテリア「バロック様式」

フランス アンティーク 歴史

1675〜1725年頃、フランスではバロック様式が流行します。バロック様式はルイ14世が作り出した豪華絢爛な建築・インテリア様式で、建造物としてはヴェルサイユ宮殿が有名です。家具にはゴージャスな彫刻に金箔が貼られるなど、ゴールドのデコラティブな意匠が好まれました。内装には、鏡やシャンデリアなどたっぷりと取り入れられ、その煌びやかさが一層強調されています。

18世紀:ルイ15世時代の軽やかなガーリーインテリア「ロココ様式」

18世紀 フランス アンティーク

ルイ14世の没後、1725〜1770年頃のフランスでは、ルイ15世の時代になりロココ様式が花開きました。ロココ様式はバロック様式と比べて、軽やかで優雅な曲線がかったデザインが特徴。植物や貝、天使などのバロック時代からのモチーフに加えて、ストライプや花柄などガーリーな意匠が流行したんです。インテリアカラーも柔らかなパステルカラーが好んで取り入れられたため、全体的にかわいらしいインテリアスタイルとなりました。

18世紀後半:ルイ16世・マリーアントワネット時代はよりシンプルな「ネオクラシックスタイル」に

フランス アンティーク ショップ

フランスでは1750年頃から、ロココ様式と並行してよりシンプルなフォルムのネオクラシックスタイル(新古典主義)が登場します。当時、イタリアで古代ギリシア、ローマ時代の古代遺跡が発掘され、そのデザインに影響を受けたのがきっかけです。ロココ様式は猫脚など曲線的で優雅な意匠が特徴でしたが、ネオクラシックスタイルでは全体的に直線的で洗練された雰囲気が特徴です。

フランスの家具製作の技術は、この当時のルイ16世やマリーアントワネットの時代が黄金期だと言われています。しかし、その後のフランス革命により、家具職人たちは顧客を失い、フランスにおける家具の歴史は暫し氷河期を迎えることとなります。

19世紀:ナポレオン1世・3世の時代は直線的かつ古典的な「アンピール様式」

フランス アンティーク 通販

フランス革命後の1810年頃から、フランスではナポレオン1世による帝政が始まりました。その頃のインテリアは、新古典主義が引き続き流行し、アンピール様式(別名エンパイア様式・帝政様式)と呼ばれる直線的でシンメトリーな意匠が取り入れられます。バロック様式やロココ様式のような、煌びやかでデコラティブな意匠ではなく、豪華でもシックで落ち着きのあるインテリア様式となりました。

その後、ナポレオン3世時代のインテリア様式は、「セカンドアンピール様式」と呼ばれます。セカンドアンピール様式は、多種多様なデザインがありますが、特に黒塗りを施したシックで上品な家具が流行しました。貴族たちは、ナポレオンチェアという黒塗りに金彩を施した観賞用のチェアを部屋に飾り、その美しいデザインを楽しんだんだそうです。

19世紀:シンプルさの追求が加速した「レストレーション・ルイフィリップ様式」

19世紀 フランス アンティーク

1815〜1850年頃のフランスでは、レストレーション様式やルイ・フィリップ様式と呼ばれるインテリアスタイルが登場します。中流階級の人々が中心に取り入れたインテリアスタイルで、暮らしの家具としての使いやすさを考慮したシンプルなデザインに落ち着いています。レストレーション様式は、ナポレオン1世時代のアンピール様式を踏襲しつつ過度な装飾を省いたデザイン、ルイ・フィリップ様式は中流階級の憧れであったロココ様式をリバイバルしつつ、さらに装飾を控えめにしたデザインです。

19〜20世紀前半:植物など有機的なモチーフを用いた「アール・ヌーヴォー様式」

アール・ヌーヴォー様式

続く1890〜1910年頃にかけて、アール・ヌーヴォーと呼ばれる美術運動が起こりました。植物や花など自然のモチーフを多用し、曲線を自由に組み合わせた有機的な装飾が特徴で、建築やインテリア、工芸品、グラフィックなど様々な分野で取り入れられました。それまでの様式とは一線を画す新しい様式で、その美しく優雅な表現は今でも多くの人を魅了しています。

20世紀前半:幾何学模様など直線的でシンプルなデザインの「アール・デコ様式」

アールデコ様式

1910年半ば〜1930年代にかけて、それまでのアール・ヌーヴォー様式と相反する「アール・デコ様式」が流行しました。アール・デコ様式は、余計な装飾を削ぎ落とした機能的なフォルムが美しいとされ、直線や幾何学模様、正円などのモチーフが多用されています。手仕事が中心だったアール・ヌーヴォー様式に対して、アール・デコ様式は機械による大量生産が中心となりました。

さて、フランスアンティーク家具のインテリア史は以上です。続いて、フランスアンティーク家具とイギリスアンティーク家具の関連性について押さえておきましょう。

イギリスアンティーク家具との違いは?実は似たデザインの家具が多数

イギリス フランス アンティーク 違い

イギリスアンティーク家具も歴史を遡ると様々なインテリア様式がありますが、実はバロック様式やロココ様式などのインテリアスタイルはフランスからイギリスへ広がったもの。そのため、イギリスアンティーク家具を見ると、家具全体のフォルムや彫刻のモチーフなどがフランスアンティーク家具と似たものが多いんですよね。

アンティーク家具 フランス イギリス

イギリスアンティーク家具は、フランスアンティーク家具と比べるとペイントのものが少ないですが、茶色い木味のクラシカルな家具がとても充実しています。アンティークショップでは、フランスアンティーク家具とイギリスアンティーク家具の両方取り扱っているお店も多いので、フランスアンティーク家具でイメージに合うものが見つからなければ、ぜひイギリスアンティーク家具もチェックしてみてくださいね。

おすすめのフランスアンティーク家具はこれ!アイテム別にご紹介

さて、フランスアンティーク家具の基本的な概要を押さえたところで、続いておすすめのフランスアンティーク家具をアイテム別にご紹介していきますよ。今回は、私がアンティーク家具屋でインテリアコーディネーターをしていた経験を活かして、インテリアテイストごとにおすすめの家具を選んでみました。ぜひ家具選びの参考にしてみてくださいね。

おすすめのフランスアンティーク家具。テーブル編

まずは、ダイニングテーブルやローテーブルなど、各種テーブルについておすすめのフランスアンティーク家具をご紹介します。気になるところから見てみてくださいね。

クラシックなフランスアンティークのダイニングテーブル

フランス アンティーク テーブル

フランスアンティークのダイニングテーブルは、クラシックで高級感のあるものや、ブロカント風の古い味わいを楽しむもの、装飾的なガーリーテイストのものなどがあります。

フランス アンティーク ダイニングテーブル

クラシックなテイストでおすすめなのは、こちらのような装飾が華美すぎない洗練された佇まいのダイニングテーブル。ダイニングテーブルは、家族が毎日使う家具なので、装飾に凝った非日常的なものではなく、みんなが落ち着いて使いやすいものを選ぶのがおすすめ。フランスアンティーク家具は、脚や幕板、天板などに贅沢な彫刻や細工が入ったものも多いですが、ほどよくシンプルなデザインの方が気を張らずに使うことができ、モダンな家ともコーディネートしやすいですよ。

フランス アンティーク ブロカント

ブロカント風のインテリアを楽しみたい方には、こちらのようなシャビーなブラックペイントのテーブルがおすすめ。レトロでシンプルなデザインに、ペイントの風合いが際立って、味のある佇まいに仕上がっています。幅は190cmと大きなサイズで、6〜8人掛けで使えるサイズです。

フランス アンティーク 店舗

引き出し付きのアイテムなので、デスクとして使うにも便利ですよ。広々と落ち着いて作業ができそうですね。フランス アンティーク 販売

もっとガーリーなダイニングテーブルが欲しいという方には、こちらのような猫脚やパーケット天板のダイニングテーブルもおすすめです。それほど華美すぎない上品なデザインで、彫刻やパーケットなど細部まで凝った装飾が美しく、実際に使ってみるとそのかわいらしいデザインにきっと心まで癒されるはず。エレガントなティータイムが楽しめそうですね。

エレガントなフレンチ風に。フランスアンティークコンソールテーブル

コンソールテーブル スリム

続いてご紹介するのは、フランスアンティークのコンソールテーブル。コンソールテーブルとは、部屋の壁際に置いてディスプレイを楽しむ室内装飾用のテーブルのこと。インテリアに取り入れると、ヨーロッパらしいラグジュアリーな世界観を高めることができます。フランスアンティークのコンソールテーブルは、上質なクラシックなデザインのものやブロカント風のものが多いです。

フランス アンティーク コンソール

クラシックテイストのコンソールテーブルだと、こちらのようなシックで上品なアイテムがおすすめ。アンティークのコンソールテーブルは、室内装飾用として使われていただけに存在感のあるゴージャスなものが多いですが、これくらい上品なものの方が飾るものを主役として引き立てて、バランス良くコーディネートできますよ。

コンソールテーブル アンティーク

ブロカントテイストのコンソールテーブルは、古い風合いがあって、できる限りフォルムがシンプルなものを選んでみてください。シンプルなものの方が素材の味わいが引き立つので、古いものならではの魅力が楽しめますよ。

エレガントなものがおすすめ!フランスアンティークのサイドテーブル・ローテーブル

アンティーク ローテーブル フランス

フランスアンティークのサイドテーブルやローテーブルは、クラシックな木製のものが多いです。その中でもおすすめなのは、こちらのようなエレガントなデザインのテーブル。アンティークソファと組み合わせて使うなら、ほどよく存在感のあるアイテムの方がバランス良くコーディネートできます。優雅な彫刻や猫脚のデザインが、リラックスタイムを上品に演出してくれそうですね。

フランス アンティーク サイドテーブル

ガーリーなフレンチスタイルが好きな方には、白ペイントのサイドテーブルがぴったり。こちらはイギリスヴィンテージのサイドテーブルですが、白いペイントでフレンチインテリアと相性のいいアイテムです。かわいらしい彫刻の装飾が素敵ですね。

おすすめのフランスアンティーク家具。キャビネット・本棚編

フランス アンティーク 本棚

続いて、フランスアンティーク家具のキャビネットや本棚について、おすすめのアイテムをご紹介します。いろんなテイストの家具が登場しますので、好きなものを探してみてくださいね。

憧れのフレンチ風インテリアに。白ペイントのアンティークキャビネット

フランス アンティーク キャビネット

おしゃれなフレンチインテリアを目指すなら、ガーリーな白ペイントのキャビネットは欠かせません。こちらのような大きなサイズのフランスアンティークキャビネットなら、存在感抜群で雰囲気もたっぷり。思いっきりガーリーなフレンチインテリアが楽しめますよ。

フランス アンティーク 棚

もう少し大人っぽいフレンチインテリアが好きなら、もっと直線的なフォルムの白ペイント家具を選ぶのがおすすめです。その際はフランスアンティーク家具だけでなく、イギリスや日本のアンティーク家具も選択肢に含めて探してみてください。というのも、大人っぽいフレンチ調のアンティーク家具は、他の国のアンティーク家具にも多いんですよ。例えば、画像右上のガラスケースは和製アンティークのもの。かわいらしさとシンプルさのバランスが丁度よく、上品なフレンチスタイルにぴったりです。

フレンチカントリーなパイン材製アンティークキャビネット

フランス アンティーク シェルフ

フレンチカントリーな部屋が好きなら、こちらのような白ペイントを基調としたパイン材製のアンティークキャビネットがおすすめです。木の温かみと白ペイントならではの柔らかさが感じられるデザインで、明るいフレンチカントリースタイルにぴったり。オープンラックのタイプは、本や食器を収納したり、小物を飾ったり、いろんな用途に使えて便利ですよ。

美しい彫刻が魅力。エレガントなフランスアンティークキャビネット

アンティーク キャビネット

上品なクラシカルスタイルでまとめるなら、こちらのような美しい曲線的な彫刻が目を引く木製キャビネットを選ぶのがおすすめ。優雅なフランスアンティークらしいデザインで、気品高い佇まいが空間そのものを上質なものに変えてくれますよ。フランスアンティークの収納家具は扉付きの凝ったデザインのものが多いので、生活感を排除してインテリアの秩序を美しく保ってくれます。

おすすめのフランスアンティーク家具。食器棚編

フランス アンティーク キッチン

さて次は、フランスアンティーク家具の食器棚でおすすめのものをご紹介します。フランスアンティークの食器棚は、見せる収納を楽しむものが多いのが特徴。ぜひその優雅な意匠に注目してみてくださいね。

キッチンまで美しいフレンチ風に。白ペイントのフランスアンティーク食器棚

フランス アンティーク 食器棚

フレンチ風のインテリアを楽しむなら、やはり白ペイントのフランスアンティーク食器棚がおすすめ。シャビーなペンキの風合いは、使い込まれることで生まれた芸術品。長い歴史を感じさせる佇まいに、思わず目を奪われてしまいます。こんな食器棚がキッチンにあれば、いつもの料理の時間が優雅なものになりそうですね。

フランス アンティーク カップボード

作業台には、食料や食器などを出しっぱなしにしておいてもOK。食器棚がおしゃれだと、果物などをただ置いておくだけでもとても絵になりますね。

温かいカントリー風キッチンに。パイン材製フランスアンティーク食器棚

フレンチ カントリー 家具

カントリースタイルのキッチンにおすすめなのは、こちらのようなフランスアンティークのパイン材製の食器棚。木のぬくもりが存分に感じられる、どっしりとしたフォルムが魅力的ですよね。オープンな棚には、食器をたっぷりと収納してもいいですし、ポットや紅茶カップなどを飾っても素敵です。木肌に白い食器がよく映えて、ナチュラルでかわいらしいディスプレイになりますよ。

フレンチカントリー 家具 通販

カントリースタイルの食器棚を探しているなら、フランスアンティークだけでなく、イギリスアンティーク家具もチェックするのがおすすめですよ。フランスアンティークのカントリー調の家具と似た雰囲気のアイテムが多く販売されています。食器棚はやはり使い勝手も重要なので、収納スペースの大きさや引き出しの位置など細かいところまでじっくりと見比べて検討してみてくださいね。

おすすめのフランスアンティーク家具。チェスト編

フレンチ アンティーク チェスト

フランスアンティークのチェストは、優雅な彫刻の意匠が楽しめるアイテム。凝ったデザインが多いだけに、見ごたえのある家具が揃っていますよ。早速おすすめのアイテムをチェックしてみましょう。

ガーリーなペイントのフランスアンティークチェスト

フランス アンティーク チェスト

ガーリーなインテリアが好きな方にぴったりなのが、こちらのようなペイントのフランスアンティークのチェスト。白だけでなくピンクやブルーなどのパステルカラーにペイントしたアイテムもあって、レトロでかわいらしいインテリアが楽しめますよ。猫脚や引き出しの彫刻など、フランスアンティークらしい美しい意匠も素敵ですね。

クラシカルで気品溢れるオーク材製のフランスアンティークチェスト

クラシック 家具

上品なクラシカルインテリアには、こちらのような木製のフランスアンティークチェストがおすすめ。華美すぎないシックなデザインですが、取っ手など細部にこだわりが見られます。書斎や寝室など、落ち着いた空間作りにぴったりのアイテムです。

イギリス アンティーク チェスト

クラシカルなチェストも、フランスアンティーク家具だけでなく、イギリスアンティーク家具もチェックするのがおすすめです。イギリスアンティークのチェストは、種類が幅広くフランスアンティークよりも多く流通しているので、イメージに合うものが見つかりやすいはずよ。ぜひお見逃しなく。

おすすめのフランスアンティーク家具。サイドボード・サイドキャビネット編

アンティーク キャビネット

続いては、フランスアンティークのサイドボードでおすすめのアイテムをご紹介します。サイドボードも扉の彫刻などで目を引くものが多く、フランスアンティークらしい上品な世界観を演出してくれるものばかり。ぜひ応接間などお客様を招く部屋に取り入れたいですね。

清楚な白で決まり!フレンチ風アンティークサイドキャビネット

フランス アンティーク サイドボード

フレンチ風のインテリアが好きな方には、やはり白色のアンティークサイドキャビネットがおすすめ。特におすすめなのは、前面がガラス扉のアンティークキャビネット。というのも、白いキャビネットは木製扉のものもいいんですが、インテリアがあまりにも白一色だけだと部屋がのっぺりとした印象になってしまいます。ガラス扉のものなら、ガラス部分がインテリアのほどよいアクセントとなって、見せる収納も楽しむことができます。きっと自分らしい個性のあるインテリアを満喫できますよ。

白家具 キャビネット

また、白のマットペイントの家具は、挽物加工や扉周りの彫りなど、優雅な装飾のあるものがおすすめです。シンプルすぎると白い壁と馴染みすぎて、せっかくの家具の存在感が消えてしまいます。また、白いペイントは彫刻の陰影が美しく出るので、その光と影のコントラストを楽しむのもいいものですよ。ぜひ思い切って装飾的なものを選んでみてくださいね。

かわいいカントリー風に。パイン材製フランスアンティークサイドボード

フレンチ カントリー 家具

かわいいカントリー調のインテリアが好きなら、こちらのようなガーリーなパイン材製のフランスアンティークサイドボードがおすすめです。グリアージュ扉やフリルのような彫刻など、かわいらしい意匠が目を引きます。パイン材の家具はどっしりとしたフォルムで、つるりと整った木肌のものが多いですが、こんなシャビーな風合いのものも素敵ですよね。

グリアージュ

グリアージュ扉のいいところは、庫内の通気性が保たれること。キッチンなど湿気がたまりやすいところで使うにもってこいです。調味料や食品などの保管におすすめですよ。

緻密な装飾が素敵なフランスアンティークサイドボード

クラシカル インテリア 通販

本格的なエレガントインテリアを楽しみたい方には、こちらのような緻密な彫刻が楽しめるフランスアンティークサイドボードがおすすめです。全体に植物をモチーフとした美しい彫刻が施され、天板にもさりげないパーケット細工が見られます。高級材であるマホガニー材で作られているため、見た目の美しさも耐久性も一級品。カーブを描いた上品なフォルムが、木肌の美しいツヤ感がより際立たせています。

フランスアンティーク サイドキャビネット

フランスアンティーク家具は、ヨーロッパアンティークの家具の中でも彫刻が繊細で美しいのが特徴です。花びらや葉の先までリアルに描かれ、有機物らしい柔らかさが感じられます。どっしりとした存在感のある家具ですが、ソフトな優雅さもあわせ持つ芸術品のような家具です。

おすすめのフランスアンティーク家具。ワードローブ編

アンティーク ワードローブ フランス

クローゼットが部屋に備え付けられるようになってから、あまり目にしなくなったワードローブ。しかしながら、フランスアンティーク家具には、放っておくにはもったいない雰囲気抜群のワードローブがたくさんあるんですよ。お部屋のスペースに余裕がある方は、ぜひ一度ご検討ください。

おしゃれなブロカントスタイルに。フランスアンティークワードローブ

ワードローブ アンティーク

まずはブロカントスタイルにおすすめな、白いペイントのフランスアンティークワードローブ。シンプルなフォルムに、清潔感のある白のペイントがよく似合っていますね。グリアージュの扉がちょっぴりシャビーな雰囲気で、長い歴史を感じさせます。

グレモン錠 ワードローブ

扉には、フランスアンティークらしく、おしゃれなグレモン錠が付いています。グレモン錠とは、ハンドルを回すことで開閉する鍵のこと。フランスアンティークの古い窓や家具の扉などでたまに見かけるアイテムです。ただ、アンティークワードローブにそのまま残っているものは珍しく、どうしても欲しくてDIYで後付けする方もいるほど。古い金属の朽ちた雰囲気がおしゃれで、人気が出るのも納得のアイテムです。

上品な木製のフランスアンティークワードローブ

アルモワール

次は、クラシックなインテリアにおすすめな、フランスアンティークのワードローブ。実はこちら、なんと1800年代にフランスで作られたアイテムで、正式にはアルモワールという名称の、鎧を収納していた家具なんです。そのため幅150cm、高さ190cmという大型サイズで、扉内もポールや棚板はなく広々としています。

アンティーク家具 ワードローブ

1章のインテリア史でご紹介したとおり、こちらはルイ16世時代のネオクラシックスタイルのデザイン。いわゆるフレンチスタイルのような優雅でエレガントなフォルムではなく、直線的でたくましい佇まいです。扉に彫られた力強い幾何学模様の彫刻が印象的で、古典的でありながらも、色褪せない美しさがひしひしと伝わってきます。

おすすめのフランスアンティーク家具。ソファ・ベンチ編

シェーズロングソファー

さて続いては、フランスアンティーク家具の中でも人気のソファやベンチをご紹介します。フランスアンティークらしい、エレガントなソファがたくさん登場しますよ。好きなデザインを見つけてみてくださいね。

大人ガーリーなデザイン!フランスアンティークのハイバックソファ

フランス アンティーク ソファ

ガーリーなフレンチスタイルが好きな方には、こちらのようなかわいらしいファブリックのアンティークソファがおすすめ。上品なピンク色のストライプ模様がおしゃれで、子供っぽすぎずエレガントな印象です。こちらのソファは、脚やアーム、背もたれなどに上品な彫りの装飾が施されています。細部まで凝った作りこみが素敵ですね。

ソファ アンティーク

背もたれが高いハイバックタイプのソファは、見た目に高級感があって、しっかりと背中を支えてくれます。背もたれは現代のソファと比べると角度が垂直に近く、座るとベンチやチェアのような感覚ですが、その分お部屋に省スペースで収まります。壁付けで使うのに収まりの良いフォルムです。

贅沢な時間を演出するエレガントなフランスアンティークソファ「シェーズロング」

シェーズロング

本格的なエレガントインテリアを楽しみたい方には、フランスアンティークのシェーズロングがおすすめです。シェーズロングとは、座面の幅や奥行きが広く、足や体全体を休ませることができるもの。サイドのクッションに背中を預け、座面に足を伸ばしてくつろぐイメージです。今ではあまり見かけない形ですが、一人で優雅にくつろぐにはもってこいのソファですよ。

シェーズロングソファ

フランスアンティークのシェーズロングでぜひご覧いただきたいのが、こちらのダブルエンドシェーズロング。その名の通り、両サイドに背もたれとなるクッションが付いている、なんとも贅沢なソファです。シンメトリーな形なので見た目にもバランスが良く、部屋への収まりもいいですよ。両サイドのクッションは、現代のソファのように肘置きとしても使いやすく、ちょっと腰かけるにもリラックスして過ごせます。

気品高い華やかな佇まい。フランスアンティークのベンチ型ソファ「セティ」

フランス アンティーク ベンチ

もう一つ、エレガントインテリアにおすすめなのが、フランスアンティークのセティ。セティとは、長椅子にクッションと肘掛けがついたようなベンチ型のソファで、セティが進化して後にソファになったと言われています。脚が長い細身のフォルムなので、ソファよりも圧迫感がなく、部屋にすっきりと取り入れられますよ。

ソファ アンティーク調

フランスアンティークのセティには、こんな宮殿にありそうな本格的なクラシックソファもあります。鮮やかな赤い座面がゴージャスで、気品高い佇まいが素敵ですよね。家に取り入れるにはなかなかハードルが高そうですが、ショップやホテルなど非日常的な空間で使うにはまさにもってこいのアイテム。雰囲気抜群の美しいアンティークソファです。

おすすめのフランスアンティーク家具。チェア編

フランス アンティーク チェア

さて次は、フランスアンティークのチェアを見ていきましょう。ダイニングやワークスペースなど普段使いのチェアにフランスアンティークを取り入れると、ぱっと気分の上がる空間になりますよ。フランスアンティークチェアは種類がとても多いので、おすすめの4つをご紹介します。

かわいいペイントのフランスアンティークチェア

アンティーク チェア フランス

まずは、フレンチスタイルにおすすめな、白ペイントのチェア。姫系スタイルなどガーリーなインテリアにもってこいのチェアです。こちらは座面もアイボリーの柔らかい色合いで、白一色のインテリアにぴったり。エレガントな彫刻の装飾がフェミニンな部屋作りに活躍してくれそうですね。

エレガントなフランスアンティークのバルーンバックチェア

フランス アンティーク 椅子

続いては、エレガントなガーリーインテリアにおすすめな、バルーンバックチェア。バルーンバックチェアとは、背もたれが気球のような形をしているチェアのこと。古くはヨーロッパの国々で、応接室やダイニング、ベッドルームなど様々な部屋で使われていました。気品高い佇まいと、軽量で使いやすい作りで、多くの貴族に愛されていたのでしょう。

クラシカルなフランスアンティークの猫脚チェア

チェア アンティーク 猫脚

大人っぽいクラシカルインテリアが好きな方には、こちらのようなシックなフランスアンティークの猫脚チェアがおすすめ。肉厚な猫脚のフォルムや、背もたれの貝や植物の彫刻など、フランスのクラシックインテリアの要素がたっぷりと詰まっています。

ボールアンドクロウ

こちらの猫脚、実は「ボールアンドクロウ」と呼ばれる、龍や獅子などが爪で珠を掴む姿をモチーフとしたもの。これは古代中国から伝わったもので、幸せをもたらす縁起物としてヨーロッパの家具に広がったんだそう。このチェアのように、きれいな状態で現代まで残っている姿を見ると、まだまだ良い縁を運んできてくれそうな気がしますね。

シンプルな上品さが素敵。フランスアンティークの板座チェア

椅子 アンティーク

4つ目は、ブロカントスタイルに似合う、レトロなフランスアンティークの板座チェア。全体的にはシンプルなフォルムですが、脚や背もたれのスポークなど、所々にアクセントとなる挽物加工が施されています。レトロで愛らしい姿が素敵ですよね。

チェア レトロ 木製

このチェアは、座面が丸く、上から見たフォルムもかわいらしい一品。クッション座面のものと比べると座り心地は劣りますが、すっきりとシンプルなフォルムで飽きのこないチェアです。

おすすめのフランスアンティーク家具。デスク編

ワークスペース アンティーク

フランスアンティークのデスクは、サイズが大きめでどっしりとしたデザインが主流。上質な書斎作りに役立ちますよ。おすすめの3点をご紹介します。

フレンチガーリーなペイントのフランスアンティークデスク

フランス アンティーク デスク

フレンチガーリーなインテリアが好きな方には、ペイントのフランスアンティークデスクがおすすめ。ぽってりとしたフォルムに淡いペイントカラーがよく似合っていますね。引き出しがたっぷりとついているので、文房具や書類などこまごまとしたものを整理して収納できます。こちらのようなエイジング感のあるペイントのものなら、フレンチシャビーなインテリアにもおすすめです。

ブロカント風のインテリアに。古い木味がおしゃれなフランスアンティークデスク

フランス アンティーク 机

ブロカントスタイルのインテリアを目指すなら、こちらのような古い木の味わいが感じられるフランスアンティークデスクがおすすめ。

ブロカント家具

天板や引き出しなどに、使い込まれた家具ならではの傷やシミがあり、机に向かう度に趣深い表情を楽しむことができますよ。これから使っていく上での変化も楽しみなアイテムです。

大人の書斎部屋に。クラシックなフランスアンティークデスク

デスク アンティーク

クラシックな書斎にしたい方には、上品でシックなフランスアンティークデスクがおすすめ。このようなデスクは、直線的な彫刻装飾や凝った取っ手が特徴で、高級感のあるキリッと引きしまった佇まいが魅力的です。上質なデスクは適度な緊張感があるので、じっくりと集中して作業に臨めそうですね。

おすすめのフランスアンティーク家具。ベッド編

フランス アンティーク ベビー ベッド

フランスアンティークのベッドは、豪華でエレガントなデザインの大きなベッドや、小さなサイズのベビーベッドが販売されています。ベビーベッドは見た目にもかわいらしいので、インテリアディスプレイとしてもおすすめですよ。それではおすすめの2つをご紹介します。

お姫様のような贅沢な寝室に。木製のフランスアンティークベッド

フランス アンティーク ベッド

クラシックやエレガントなインテリアが好きな方には、木製のフランスアンティークベッドがおすすめ。大きなヘッドボードとフットボードが付いていて、各所に植物モチーフの華麗な彫刻が散りばめられています。優雅で気品溢れる佇まいで、日常から切り離された、贅沢なベッドルーム作りに活躍してくれそうです。

ディスプレイとしてもかわいい!フランスアンティークのベビーベッド

ベビーベッド アンティーク

フランスアンティークのベッドには、ベビーベッドもあります。こちらは実用というよりは、ショップなどのディスプレイ用として人気です。シャビーな風合いがかわいらしく、グリーンや雑貨などをざっくりと入れられて便利ですよ。木製のものやアイアン製のものがあるので、お好みで探してみてくださいね。

おすすめのフランスアンティーク家具。ドレッサー編

ドレッサー アンティーク

さて次は、フレンチアンティークのドレッサーを見てみましょう。フランスアンティークのドレッサーはペイントのガーリーなデザインのものが主流ですよ。それではおすすめをご紹介します。

かわいいフレンチ風のアンティークドレッサー

フランス アンティーク ドレッサー

フレンチスタイルのお部屋にぴったりなのが、白いフランスアンティークのドレッサー。細身のフォルムに白一色のカラーリングで、清楚で可憐な印象を漂わせています。こちらは、大きな引き出しの他に、卓上に小ぶりな引き出しもついているので、アクセサリーや時計なども収納しやすいアイテムです。

イギリスアンティークのドレッサーもチェックするのがおすすめ

ドレッサー イギリス アンティーク

フランスアンティークのドレッサーはそれほど数が多くないので、ぜひイギリスアンティークのドレッサーも選択肢として探してみてください。イギリスアンティークのドレッサーは、猫脚の上品なデザインのものもあれば、直線的でシンプルなデザインのものもあって、インテリアに合わせて選べるのがうれしいところ。エレガントなフランスアンティーク家具と合わせるなら、彫刻入りの優雅なデザインのものがおすすめです。反対に、シックなクラシックスタイルを楽しむなら、直線的なフォルムのシンプルなドレッサーを使うといいですよ。

おすすめのフランスアンティーク家具。ガーデン編

ガーデン アンティーク

最後は、おまけとしてガーデンにおすすめなフランスアンティーク家具をご紹介します。フランスやイギリスなどヨーロッパ諸国では、ガーデニング文化が盛んだっただけに、ガーデン用のアンティーク家具もおしゃれなものが揃っています。庭づくりに凝っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

フレンチブロカント風のガーデンに。シャビーな折り畳みガーデンチェア

フランス ガーデンチェア アンティーク

おしゃれなフレンチブロカント風のガーデンには、アンティークのガーデンチェアが欠かせません。テーブルと組み合わせて庭でのティータイムを楽しんだり、植物の飾り台にしたり、いろんな使い方ができます。フランスアンティークのガーデンチェアでおすすめなのは、白ペイントのアイテム。白はグリーンと相性が良く、サビなどの古い風合いもチェアの素敵なアクセントになりますよ。

エレガントなロートアイアンのアンティーク風ガーデンフェンス

フランス アンティーク ガーデニング

2つ目は、ロートアイアンのエレガントなアンティーク風ガーデンフェンス。ヨーロピアンガーデンにぴったりな、美しいアイテムです。こちらのような本場ヨーロッパのガーデンフェンスは、大きなサイズのものが多いので、ショップやホテルなどの広い庭のパーテーションとしておすすめです。

フランスアンティーク建具で家をおしゃれにリフォーム!おすすめドア・窓5選

新築やリフォームで家をフレンチ風にするなら、フランスアンティーク建具を取り入れるのがおすすめ。本場ならではの美しいデザインが多く、ハイクオリティなアンティークインテリアが楽しめますよ。今回は、ドアと窓について5つのおすすめアイテムをご紹介します。

フレンチスタイルの家にぴったり!白ペイントのフランスアンティークドア

フランス アンティーク ドア

白を基調としたフレンチスタイルの家を目指すなら、やはり白ペイントのフランスアンティークドアがぴったり。いろんなデザインのドアがありますが、派手すぎずシンプルすぎない、ちょっとした装飾が入ったドアがおすすめですよ。空間に馴染みつつ、優雅な雰囲気を出してくれて、家のインテリアを上品に演出してくれます。

フランス アンティーク 建具

また、白ペイントのフレンチスタイルのドアは、イギリスアンティークドアでも見つかりやすいので、そちらもチェックするのがおすすめ。ステンドグラス入りのものが充実していて、華やかで明るいヨーロピアンスタイルのインテリアが楽しめます。

おしゃれなブロカント風の家に。シャビーなフランスアンティークドア

ドア ブロカント

ブロカントスタイルの家にするなら、こちらのようなシャビーなフランスアンティークドアがおすすめです。どこか影のあるシャビーな風合いが、部屋を落ち着いたおしゃれな雰囲気に演出してくれます。

ドア ヴィンテージ

シャビーなアンティークドアを取り入れる場合、どのくらいシャビーなものにするかは、周りのインテリアとのバランスを考えて選びましょう。例えば、真新しい家をブロカント風にしたい場合は、ある程度きれいめにリペアしたアンティークドアを取り入れるのがおすすめ。エイジング感が少なくても、真新しい壁と並ぶとしっかりと古い風合いが際立つので、丁度良いバランスになるはずですよ。

ドアはインテリアの中でも存在感のあるアイテムなので、ドアでちゃんと好みのものをセレクトできれば、それだけで部屋のクオリティがぐんと上がります。じっくりと検討してみてくださいね。

フレンチカントリー風のインテリアに。木味そのままのフランスアンティークドア

ドア 木製 アンティーク

フレンチカントリー風のインテリアにするなら、ナチュラルな木味のフランスアンティークドアがおすすめです。塗装などがされていない木味そのままのアンティークドアは、ソフトな明るい色味が印象的。さらに、所々にあるキズや色ムラがいい味を出しています。シンプルなデザインで部屋にすっきりと馴染んでくれますよ。使うほどに味わいが増してくるのも大きな魅力の一つです。

爽やかなフレンチインテリアに。フランスアンティークのガラス窓

フランス アンティーク 窓

新築やリフォームの際は、部屋の窓もフランスアンティークにすると、本格的なフレンチインテリアが楽しめます。おすすめは、白いペイントのフランスアンティーク窓。シンプルなデザインが多いですが、古いものならではの味わいを持ったアイテムが多数ありますよ。

フランス アンティーク 窓枠

白ペイントのアンティーク窓は、日本のアンティーク品もおすすめです。フランスアンティーク窓と似たシンプルなデザインのものが多く、フレンチスタイルにもぴったり。日本のアンティーク窓は、フランスのものよりも流通量が多いので、きっと条件に合うアイテムが見つかりやすいはずですよ。

玄関のおしゃれなアクセントに。フランスアンティークのアーチウィンドウ

明かり取り アンティーク

フランスアンティークの窓には、こんなアーチ型の明かり取りもありますよ。室内扉や玄関ドアの上につけるはめ殺し窓で、室内に多くの光を取り込むことができます。アーチ型は見た目にもかわいらしくておしゃれで、インテリアの素敵なアクセントになりますよ。日本の家ではあまり見かけないデザインなので、自慢のインテリアになりそうですね。

フランスアンティーク家具でおしゃれな部屋に!参考にしたいインテリア実例

おすすめのフランスアンティーク家具をチェックしたところで、次はフランスアンティーク家具を取り入れたインテリア実例を見てみましょう。ダイニングやリビングなど、6つの部屋をご紹介しますので、ぜひコーディネートの参考にしてみてください。

白を基調にしたフレンチシャビーな空間!美しいアンティークダイニング

フレンチ アンティーク インテリア

フランスやイギリスなどの白いアンティーク家具をたっぷりと取り入れた、シャビーなアンティークダイニング。食器棚やチェアなど、古い味わいが魅力的な家具をたっぷりと取り入れて、儚くも美しい印象に。白をベースに、水色をアクセントとして取り入れることで、クールで大人っぽい部屋にまとまっています。

フランス アンティーク インテリア

こちらの部屋で使っている家具は、食器棚はフランスアンティーク、窓際のサイドボードは和製アンティーク、その他のテーブルやチェアはイギリスアンティークのものです。よく見るとフォルムや雰囲気に少々違いがありますが、白ペイントという同じ素材感のアンティーク家具で揃えることで、違和感なくコーディネートできます。また、食器棚を主役として周りの家具はシンプルめなデザインのものを選ぶことで、部屋全体のバランスが取れていますね。

フランス アンティーク 折りたたみ椅子

ダイニングチェアとして使っているのは、先ほどガーデンチェアとしてご紹介したアイアン製の折りたたみ椅子。座面が硬そうなのがちょっと気になりますが、自前のクッションを使えば問題なし。フレームの錆びた風合いが、シャビーなインテリアとしていい味を出しています。

フランスアンティークの食器棚が主役。エレガントなダイニングインテリア

フランス アンティーク 部屋

こちらもフランス、イギリス、日本と3か国のアンティーク家具をミックスした、エレガントなダイニング。食器棚はフランスアンティーク、チェアとサイドキャビネットはイギリスアンティーク、テーブルとガラス戸は和製アンティークのものです。白・青・黒とメリハリの効いた3色をベースとして、シックで大人っぽいインテリアになりました。

フレンチ インテリア 通販

白いペンキに青い色ガラスが美しく映えた、フランスアンティークの食器棚。彫刻などがなく、直線的でシンプルなフォルムなので、モダンな家にも馴染みやすいのがポイント。扉や作業台の奥にはミラーが付いていて、部屋をより煌びやかに見せています。

キャビネット イギリスアンティーク

隣にあるサイドキャビネットは、扉のデザインや布張りの背板など、エレガントな意匠が目を引きます。フランスアンティークと馴染みやすい優雅でガーリーなデザインが素敵ですね。中には、ガラス食器など気品を感じさせるアイテムを飾って、エレガントな印象をより引き立てています。

フランスアンティークのワードローブを取り入れた、シャビーシックなリビング

フランス アンティーク 家

続いては、少し影のある大人っぽいシャビーシックインテリア。フランスアンティークのワードローブや北欧ヴィンテージのソファを取り入れて、贅沢なリビングに。グレーやベージュなどくすんだ色合いを多用することで、シックな印象にまとまりました。

フレンチ インテリア

フランスアンティークのワードローブは、こちらのような大型サイズが主流です。どっしりとした存在感があり、部屋に取り入れると一気にフレンチシャビーな雰囲気に。下から上までたっぷりと並んだ引き出しが印象的で、思わず手を伸ばしたくなる愛らしさがあります。見た目も収納力も文句なしのアイテムです。

シャビーシック インテリア

ソファ周りは、アンティークのトランクテーブルやステンドグラスなど、ダークカラーの個性的なアイテムを取り入れて。暗い色が空間を引き締め、家具の個性的な表情が部屋をより上質に見せています。家主の個性が感じられる、味わい深い部屋になりました。

フレンチガーリーなアンティーク家具で部屋づくり!雑貨屋さん風のアトリエ

フレンチ インテリア 家具

次は、フレンチガーリーなパステルカラーのインテリア。アンティークのペイント家具をベースに、カラフルな小物をプラスして、雑貨屋さん風のかわいらしい部屋になりました。

フレンチ インテリアコーディネート

この部屋で使っている家具は、実は多くが和製アンティーク家具。テーブルとベビーベッド、ステンドグラスはフランスやイギリスのアンティーク品ですが、それ以外は日本のものなんです。ヨーロッパのアンティーク家具と比べると装飾が少なく素朴な印象ですが、逆にそのレトロで親しみやすい雰囲気を好む方も多いんですよ。ペイントの和製アンティーク家具なら、本物のフレンチアンティーク家具とも違和感なくコーディネートできるので、失敗なくおしゃれに取り入れられます。

フレンチカントリー 家具

作業台として使っているテーブルは、イギリスアンティークのもの。脚は白ペイントですが、天板は木味そのままの仕上げで、どこかナチュラルで温かな印象を感じます。テーブルは引き出し付きで、ちょっとした小物の収納にも便利なアイテム。手芸や書物などの作業台にぴったりですね。

フランス製ソファと大正ロマン家具をミックス。ナチュラルなガーリーインテリア

レトロ インテリア 実例

こちらは、ナチュラルガーリーなアンティークインテリア。フランス製のソファ以外は日本のアンティーク家具です。大正ロマン時代の上品な和製アンティーク家具を中心に取り入れて、かわいらしくも大人っぽい雰囲気の部屋に仕上がりました。

キャビネット レトロ アンティーク

フランスアンティーク家具と相性の良い和製アンティーク家具を選ぶには、まずペイント家具でコーディネートするのが1つの方法ですが、茶色い木味の家具が好きであれば、この部屋のような大正ロマンな家具を選ぶのがおすすめです。というのも、大正ロマン家具は西洋インテリアの要素を取り入れて作られた和洋折衷のアンティーク家具なので、フランスやイギリスなどヨーロッパの家具と相性がいいんですよね。この部屋のテーブルやガラス戸棚はまさに大正ロマンなアイテムで、優雅なソファともぴったりと馴染んでいます。

フレンチカントリーインテリア

そしてこの部屋では、レトロなアンティークケビントを取り入れているのもポイント。ペイントの風合いや脚の長いフォルムは、どこか洋家具を思わせる佇まい。ソファと同系色のアイボリーカラーなので、部屋全体によりまとまり感が出ています。アンティークケビントは、見た目にもかわいらしく、収納力もあるので、ぜひ取り入れたいアイテムです。

フランスとイギリスのアンティーク家具でコーディネート。優雅なダイニングインテリア

クラシカル インテリア

最後は、フランスアンティーク家具とイギリスアンティーク家具を中心にコーディネートした、クラシックなダイニングインテリア。1つ1つの家具がエレガントで気品高く、部屋に優雅な雰囲気を演出しています。

クラシカル インテリア 色

部屋全体を木製のアンティーク家具でコーディネートする際は、各家具の木の色味を揃えるのがおすすめ。その方がすっきりとおしゃれに見せることができますよ。この部屋でも、すべての家具の色味を揃えることで、全体が統一感のある整然とした印象に仕上がります。

クラシカル インテリアコーディネート

この部屋で使った食器棚はイギリスアンティークのもの。クラシックなデザインで、フランスアンティークのダイニングテーブルと相性よくまとまっています。飾り棚にはお気に入りの英国食器を飾って、クラシックで上品な雰囲気に。グラス、カップ、プレート、キャニスターと種類ごとにまとめて飾ることで、ここでも美しい統一感を演出しています。

家具選びのポイントはこれ!フランスアンティーク家具を購入する上で知っておきたいこと

フランスアンティーク家具は、新品の家具と違って1点ものの古いものなので、使い勝手も納得のいくアイテムを効率的に探すには、探し方やショップ選びが重要になります。そこで、購入にあたってのポイントをまとめました。

フランスアンティーク家具を探すなら通販がおすすめ。返品可能なショップなら安心

アンティーク家具 店舗

フランスアンティーク家具は、日本でも人気がある家具ジャンルではありますが、フランスアンティーク家具専門のアンティークショップはまだまだ少なく、それぞれの店舗規模も小さめです。そのため、実店舗だけでなく、ネットショップも利用して探す方が、短時間で多くの家具を見比べることができ、断然スムーズに家具探しができますよ。通販で実物を見ないで購入するのは不安という方も、まずはネットショップで目星を付けてからショップに実物を見に行く方が効率的です。

アンティーク 保証

また通販でアンティーク家具を購入する場合にチェックしておきたいのが、返品が可能かどうかという点。通販の場合、「思っていたイメージと違った」「通路が狭くて搬入できなかった」など、自身では予想していなかったトラブルが起きることもあります。その際、お客様都合の返品ができるかどうかか運命の分かれ道。返品OKのショップなら、万が一トラブルが起きても家具を返品すれば返金してもらえるので安心です。

フランスアンティーク家具は約100年前の古いもの。しっかりリペアされたものを選ぼう

フレンチ カントリー インテリア

フランスアンティーク家具は、古い時代に作られて長い間使われてきた家具なので、どこかしらに不具合が発生しているのが普通です。扉や引き出しの開け閉めがスムーズにできなかったり、見えない部分に虫食いが発生していたり、ひび割れや歪みがひどかったり、いろんな状態のものがあります。アンティークショップでは、基本的にそれらの不良をしっかりとリペアして販売していますが、ショップによってどこまでリペアするかの基準が異なるため、使い心地に差があるのが現状です。

アンティーク家具 リペア

一生ものの家具としてフランスアンティーク家具を選ぶなら、ぜひリペア品質の高いアンティークショップで購入してください。リペアの品質を見極めるには、その店舗のウェブサイトや販売実績をチェックするのがおすすめ。アンティーク家具のリペアは1点1点手仕事で行う職人技なので、どれだけの家具をリペアしてきたか職人の経験によって、その仕上がりに大きな差が出ます。多くのアンティーク家具を販売しているショップなら、それだけ多くの家具を直してきたということなので、一定水準の品質が期待できますよ。

安く手に入れるならヤフオクや店舗の現状品もあり。DIYでメンテナンスできる方におすすめ

フランス アンティーク 安い

反対に、「品質はある程度でいいから、できるだけ安く購入したい」「古いままのものを買ってDIYでリペアしたい」という方には、ヤフオクやアンティークショップなどでリペア前の現状品として販売されているものや、最低限手を加えた程度で販売されているものを選ぶという方法もあります。しっかりと手を加えていない分、手間賃が抑えられるので、格安でアンティーク家具を手に入れられますよ。ただし、全く手を加えていない現状品は、先ほどお話ししたとおり、状態が悪いのが普通です。自分で修理することが難しい方にはおすすめできません。

リメイクを受け付けているアンティーク家具屋なら、オプションで家具を好きな色にペイント可

アンティーク家具 ペイント

ペイントのフランスアンティーク家具を探していると、フォルムは好きでもペイントされていなかったり、好みではない色にペイントされていたり、思った通りのものが見つからないこともありますよね。そんな時は、ショップによってはオプションでペイント塗装をオーダーすることもできます。木味そのままの家具を好きな色にペイントしたり、現状のペイントの上から別の色を塗ったり、お好みに応じてリメイクできますよ。価格は店舗によって異なりますので、気になるものがあればショップへ問い合わせてみましょう。

最後に

フランスアンティーク家具について、歴史からおすすめ商品、選び方のポイントまでたっぷりとお話ししました。フランスアンティーク好きのみなさんでも、なにかしら新しい発見があったのではないかと思います。フランスアンティーク家具は、芸術を愛するフランスの人々が使ってきたものだけに、美しい個性を持ったものばかり。ぜひ、暮らしの中に取り入れて、インテリアを素敵に彩ってみてくださいね。

 

フランスアンティーク家具を探すならラフジュ工房!在庫200点以上

フレンチ 家具 通販

おしゃれなフランスアンティーク家具を探すなら、国内最大級のアンティーク通販サイト「ラフジュ工房」にお任せください!ラフジュ工房では、この記事で紹介したアイテムをはじめ、常時在庫200点以上のフランスアンティーク家具を販売中です。すべて1点ものなので、気になるものがあればぜひお早めにご検討ください。

 

【アンティーク家具 ラフジュ工房なら】

フレンチ カントリー 家具 通販・商品総数4,000点以上!
フランスアンティーク家具をはじめ、イギリスアンティーク家具や和製アンティーク家具、現代物の中古アンティーク風家具など、全部で品揃え4000点以上!フレンチスタイルにおすすめの家具を多数販売中です。

・安心して使えるヴィンテージ家具
経験豊富なアンティーク家具のリペア職人が1点ずつ丁寧に状態を確認し、現代の生活でもきちんと使えるようにリペア・リメイクを行っています。。

 

フレンチカントリーの家

・商品画像が充実!
アンティーク家具ならではの傷をしっかりと撮影し、実物そのままの姿をお伝えしています。多いものだと、家具1点につき50枚ほどの画像を掲載しています。

・ご購入前・ご購入後も丁寧なサポート
フランスアンティーク家具の選び方からご購入後のメンテナンスのことまで、しっかり丁寧にサポートいたします!ご不明点・ご要望等がありましたらどうぞお気軽にご相談ください。


ラフジュ工房で「フランスアンティーク家具」を探す

SNSで新情報をチェック

コメントを残す

*

お気に入りのアンティークを見つけたい方へ
きれいで使いやすい家具が4,000点以上!