ブランド家具を売る

売る前に知っておきたい!永田良介商店家具の買取相場

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
永田良介商店

明治の時代、文明開化とともに誕生した永田良介商店の家具。欧風なデザインでありながらも、日本人の生活に馴染む使い心地・使い勝手の良さは、145年以上経った現在でも変わりません。毎日の生活の中で使われる道具として、使う人にとっての快適さを追求するため、完全オーダーメイドで作られているのも魅力ですよね。

そんな永田良介商店の家具を様々な理由でお手放しになるとき、やはり考えるのは、「質の良いものだからなるべく高く買い取ってもらいたい…」「いくらくらいで売れるのだろう…」ということではないでしょうか。

そこでこの記事では、永田良介商店家具を買取に出す前に知っておきたい、買取業者が確認しているポイントと、買取相場をご紹介します!

どんな家具が高く売れる?買取業者が確認しているポイント

永田良介商店の家具をなるべく高く売るためには、永田良介商店について詳しい買取業者を選ぶことが大切です。「永田良介商店 高価買取中!」と謳っている業者や、これまでの買取実績が豊富な業者なら、家具の価値をきちんと分かった上で、適正価格で買い取ってくれるはずですよ。まずは、こうした買取業者が査定の際に確認しているポイントを見てみましょう。

※買取業者の選定方法や注意点などは、こちらの「知っているとお得!ブランド家具を高額買取りしてもらう方法」に詳しくまとめていますので、是非こちらもチェックしてみてくださいね。

永田良介商店特有の加工があるかどうか

永田良介

買取業者がまず確認しているのが、こちらの画像のように家具の角の部分に小さな彫り込みがあるかどうかです。永田良介商店の箱物家具には、このような加工が施されていることが多いため、こちらが確認できれば永田良介商店の家具として安心して高値で買い取ることができます。

しかし、中にはこの装飾が見られないお品もあるようです。また、箱物家具以外の家具には見られないことがあります。その場合には、造り込みの良さで家具の価値を判断しますよ。

さらに、同じような装飾が付いている家具でも、永田良介商店製ではないお品も中にはあるようです。そのような模倣品であった場合、永田良介商店家具としての買取は難しくなりますが、家具自体の造りが良ければ買い取ってもらうことは十分可能です。

造り込みが良いか

永田良介 家具

永田良介商店は、「使う人が心地よく、長年愛用できること」をポリシーに家具作りをおこなっています。自社工房で職人がひとつひとつの家具を丹念に手作りしており、構造・枠組み・塗り・布張り・彫刻など、どの工程にも妥協はありません。これまで多くの永田良介商店家具を見てきた専門の業者であれば、その細かな造り込みや質感を経験として分かっているため、きちんと価値を判断してくれるでしょう。永田良介商店家具の良さを分かってくれる業者に頼みたい、きちんと価値に見合った金額で買い取ってくれる業者に頼みたいという方は、永田良介商店家具の買い取り実績が多い業者に依頼することをおすすめします。

家具の状態の良さはどの程度か

神戸家具 買取 

たとえ定価が高く人気のある商品であったとしても、家具の状態が良くなければ、残念ながら高額買取りは期待できません。新品に近いような使用感の少ないものほど買取価格は高くなります。また、大きな傷や目立つ汚れがある場合は、買取が難しい場合もあるようです。無料で画像査定を行っている業者もありますから、事前に見積もりを依頼してみると、およその買取金額がわかりますよ。このとき、家具全体の画像とダメージ部分がはっきり分かる画像を送ることで、より正確な金額を知ることができます。

※多少のダメージがある場合は、家具リペア工房併設の買取業者に問い合わせを!※

永田良介商店の家具は基本的に木製であるため、木工房が併設されている買取業者であれば、多少の傷や擦れ程度なら修理が可能です。そのため、他の業者よりも高い金額で買い取ってもらえたり、他では買い取れないと言われたお品でも買い取ってもらえるという可能性もあります。買取価格に響きそうなダメージがある場合には、まずは工房併設の業者に問い合わせてみるのもおすすめですよ。

以上、業者が確認しているポイントをまとめてみました。次の章では、永田良介商店家具の具体的な買取相場を見ていきましょう。

永田良介商店家具の買取相場12選

それでは、いよいよ永田良介商店家具の買取相場をご紹介します。お手持ちの家具と比べながらぜひ参考にしてみてくださいね。

※家具の状態によっては買い取れない場合や、買取価格が相場と大幅に異なる場合もあります。また、定価と買取相場は2017年6月現在のものです。

■買取相場の記載方法について■

 

以下にご紹介する買取相場は、家具の状態の程度ごとに分類し記載しています。家具の状態はA~Cの3ランクに分けて定義しています。各ランクの定義は以下の通りです。

 

【Aランク 】使用感や汚れ、ダメージの無いほぼ新品に近い状態。モデルルームの展示品など。

 

【Bランク 】購入から多少年月は経っているが、使用感が少なく目立つダメージや汚れが無い状態。別荘に置かれており、ほとんど使っていない家具など。

 

【Cランク 】通常使用で多少の使用感や小さな傷はあるが、中古品としてまだまだ使える比較的きれいな状態。

 

【ランク外】使用感がありダメージや汚れなどが多い状態。ソファであれば座面にへたりが見られる。家具リペア技術を有している業者であれば買い取ってもらえる可能性もあるため、まずは問い合わせてみるのがオススメ。

キャビネット(食器棚・飾り棚・サイドボード)

永田良介商店の家具の中でも特に人気が高いのが、キャビネットです。定価が高い大振りのものや、ガラス面のあるタイプのものは、より高く売れる傾向にあります。もちろん状態の良さも影響してきますが、先ほどもご紹介したように家具リペア技術のある業者であれば、多少ダメージのあるお品でも買い取ってもらえる可能性があります。ガラスの欠損などで買取依頼を諦めていた方も、まずは一度問い合わせてみることをおすすめします。

食器棚

食器棚 欧風 

■定価:およそ126万円

Aランク

10~15万円

Bランク

5~10万円

Cランク

3~5万円

 

カップボード

カップボード 

■定価:およそ82万円

Aランク

8~10万円

Bランク

4~8万円

Cランク

2~4万円

 

カップボード

食器棚

■定価:およそ45万円

Aランク

8~10万円

Bランク

4~8万円

Cランク

2~4万円

 

サイドキャビネット

サイドボード 

■定価:およそ38万円

Aランク

5~6万円

Bランク

3~5万円

Cランク

1~3万円

 

コーナーキャビネット

コーナーラック

■定価:およそ42万円

Aランク

3~4万円

Bランク

1~3万円

Cランク

5,000~1万円

 

デスク/テーブル

テーブルやデスクは、長年使用していくうちにどうしても天板に傷が付きやすいものです。日頃からなるべく丁寧に扱うことが高価買取の一番のコツですよ。もうすでにダメージがあるものに関しては、先ほどご紹介したように家具リペア技術のある業者に依頼しましょう。

デスクの中では両袖机の人気が高いです。あまり中古市場に出回らないため、その稀少性から高く買い取ってもらえるようです。テーブルは、ソファやチェアと合わせてお手放しになると、その分プラス査定となり、より高く売ることができます。リビングテーブルとソファの応接セットや、ダイニングテーブルとチェアのダイニングセットなど、永田良介商店で揃えている方は、まとめてのお手放しがおすすめですよ。

両袖机

両袖机 

■定価:およそ58万円

Aランク

6~7万円

Bランク

3~6万円

Cランク

1~3万円

 

ライティングビューロー

ライティングビューロー

■定価:およそ56万円

Aランク

4~5万円

Bランク

2~4万円

Cランク

1~2万円

 

ソファ・チェア 

ソファやチェアは、使用感の出やすい家具です。クッション座面にへたりがあったり、布地が破れていたりする場合は、買取が難しいこともあります。新品に近い状態であることが買取の前提条件となりますよ。永田良介商店では、使い込んだ家具の修理もおこなっていますから、買取に出す前に一度修理や張り替えをして、しばらくの間は丁寧に使い、ある程度のところで手放すという方法も有効かもしれませんね。

ソファ

ソファー 

■定価:およそ35万円

Aランク

3~4万円

Bランク

1~3万円

Cランク

5,000~1万円

 

チェスト/ワードローブ/ドレッサー

中古市場においてこれらの箱物家具はあまり需要が無いため、一般的には買取価格も低くなる傾向にあります。しかし永田良介商店の家具の場合、キャビネットに比べると多少安くはなるものの、ある程度の金額で買い取ってもらうことが可能です。

整理箪笥

整理タンス 

■定価:およそ40万円

Aランク

3~4万円

Bランク

1~3万円

Cランク

5,000~1万円

 

ワードローブ

ワードローブ 

■定価:およそ83万円

Aランク

3~4万円

Bランク

1~3万円

Cランク

5,000~1万円

 

ドア(扉)/引き戸

永田良介商店は、家具だけでなく建具の製作もおこなっています。こうした建具類も、状態が良ければ値段が付きますよ。ご自宅にある方はぜひ査定に出してみてくださいね。

親子ドア

親子ドア

Aランク

2万~2万5,000円

Bランク

1~2万円

Cランク

5,000~1万円

 

引き戸

木製 引き戸

Aランク

5,000~8,000円

Bランク

2,000~5,000円

Cランク

1,000~2,000円

 

いかがでしたでしょうか。お手持ちの家具はありましたか?ここでご紹介していない家具でも、永田良介商店製の家具であれば高価買取の対象になる可能性は十分あります。お手持ちの家具の詳しい買取価格が気になる方は、是非お見積りに出して確認してみてくださいね。

まとめ

永田良介商店の家具を高く売るためには、やはり状態の良さが肝心です。新品に近い状態であるほど、高く買い取ってもらえる確率も上がりますよ。
しかし、せっかく状態が良い家具であったとしても、依頼する業者選びに失敗してしまうと期待した買取金額に届かないこともあるかもしれません。永田良介商店の買取を依頼する際には、専門知識のある信頼できる業者に頼むことをおすすめします。記事の冒頭でもご紹介した「知っているとお得!ブランド家具を高額買取りしてもらう方法」の記事も参考にしながら、納得のいく永田良介商店家具のお手放しを実現してくださいね。

傷や汚れも買取可能!永田良介商店の買取依頼なら、家具リペア工房併設の「カムズファニチャー」へ

当サイトを運営する株式会社ライジングプレナーでは、ブランド家具買取専門店「カムズファニチャー」にて永田良介商店家具の買取を行っております。家具リペア工房を併設しているため、傷や汚れがあり他店で断られてしまった家具でも買取が可能な場合があります!

【ブランド家具買取専門店 カムズファニチャー】

・豊富な専門知識
ブランド家具買取専門店ならではの豊富な知識で、お客様のブランド家具をしっかりと評価 します。

・迅速な対応
豊富な予備知識に加え、常時専門スタッフが対応しておりますので、お客様をお待たせしません

 

・地方だからこそできる高価買取
地代がかからない地方での営業の為、都心の業者以上の高価買取 が実現できます。万が一、他店より査定金額が低い場合はご一報ください。

・全て無料の査定・買取サービス
査定や買取は全て無料 で行わせていただいております。万が一交渉不成立となっても、キャンセル料等は一切掛かりませんのでご安心ください。

お客様の大切な永田良介商店家具を、次のお客様に繋ぐお手伝いができれば幸いです。
まずはお気軽にお問い合わせください。


「カムズファニチャー」をのぞいてみる

SNSで新情報をチェック

コメントを残す

*

国内外の高級ブランド家具の買取なら
実績豊富なカムズファニチャーへ!