アンティーク全般

中古家具選び・店舗探しのコツ!人気ブランドと購入時の確認ポイント

  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
中古 家具

中古家具は、憧れのお店のブランド家具や人気のデザイナーズ家具を安く購入できるのがうれしいところ。いい家具を安く手に入れたいなら、ぜひ賢く利用したいものです。

ただ、いざ中古家具を探そうと思っても、幅広い選択肢があって選ぶのに苦労したり、傷み具合や使用感が気になって、なかなか決められなかったり。中古家具といっても大きな買い物なだけに、選ぶのにストレスを感じている人も多いかと思います。

そこで、今回は中古家具選びや店舗探しのコツをまとめてご紹介しますよ。中古家具を購入するにあたって押さえておきたい点や、テイスト別の人気ブランド、アイテム別の確認ポイントなどを、もれなくお話ししていきます。後半では、中古家具に起こるかもしれないトラブルや、また売却したいと思った時の買取依頼のコツまでお伝えしますので、これを読めば中古家具のすべてがわかるはず!中古家具選びで失敗しないためにも、ぜひ目を通してみてくださいね。

Contents

中古家具はどこで買うべき?店舗選びのポイント

中古家具を買う際は、購入する店舗次第でその是非が決まると言っても過言ではありません。人気のブランド家具や高級家具は、幅広い中古家具店で販売されていますが、中には状態の悪いもの、適切なメンテナンスがされていないものを、そのまま販売している店舗もあります。そこで、まずは良い中古家具屋を見極める方法からお話ししていきますよ。

高品質の中古家具・ブランド家具を買うなら、リペア工房を持つ中古家具店へ

中古 家具 販売

高品質の中古家具や高級ブランド家具が欲しいという方は、リペア工房を持つ中古家具店やアンティーク家具屋で買うのがおすすめです。 リペア工房を持つ店舗では、単に家具を売り買いするリサイクルショップと違って、その店舗の基準でしっかりとリペアした家具のみを販売しています。リペア技術の高い店舗なら、一般的な中古家具のイメージを払拭するようなレベルの家具が揃っているはずですよ。ホームページなどにリペアについてのこだわりを掲載している店舗や、販売実績数の多い店舗なら、腕の良いリペア職人がいる可能性大です。

中古 家具屋

最高品質の中古家具が欲しいという方にぜひチェックしてもらいたいのが、ラフジュ工房の中古家具。アンティーク家具のリペア職人が、実用面に重きを置いて、修理やメンテナンスを行って販売しているので、新品の家具と比べてもほとんど遜色のない品質に仕上がっているんです。
また、もともと使用感の少ない展示品や美品も多く取り扱っているので、とにかくきれいな中古家具を手頃な価格で買いたいという方にぴったりの中古家具屋です。

中古 家具 おしゃれ

さらに、ラフジュ工房は、国内最大級のアンティーク家具・中古家具店であることもポイント。北欧やイギリス、フランス、日本など家具を4000点以上取り扱っていて、高品質なアンティーク・ヴィンテージ家具も含めて、より幅広い選択肢から好きな家具を選ぶことができますよ。インテリアにこだわりのある方も納得のアイテムが見つかるはずです。

さて、続いては、中古家具店には他にどんな店舗があるのか見ていきましょう。目的によっては、他の店舗の方が向いている場合もありますので、ぜひチェックしてみてくださいね。大きく次の4種類があります。

激安中古家具・家電を探すなら、総合リサイクルショップ

質よりも価格重視で安く中古家具や家電を手に入れたいという人は、総合リサイクルショップがおすすめ。家具の品質や状態は良くないものも混ざっていることもありますが、価格で勝負しているだけに、安く家具が手に入ります。一人暮らしのスタート時など、とりあえず予算内で家具家電を一通り揃えたいという場合にぴったりです。

オフィスや店舗用家具を探すなら、業務用中古家具店

中古 家具 オフィス

オフィスやホテル、飲食店など、店舗・ビジネス用の家具や機器を探しているなら、業務用専用の中古家具店もチェックするのがおすすめ。業務用家具に特化した専門的な品揃えで、価格も個人向けの店舗よりも安い傾向にあります。まとめて買えばさらに割引してくれる場合もあるので、まずは見積もりを依頼するといいでしょう。
ちなみに、業務用家具店は、個人宅向けには販売していない場合が多いです。自宅用の家具を探す場合には向きませんので、ご注意ください。

新古品狙いなら、展示品専門の中古家具店(店頭家具・モデルルーム家具など)

展示品 中古 家具

新古品の中古家具が欲しい場合は、展示品専門の中古家具店や、家具メーカーが運営しているアウトレットショップも合わせてチェックしましょう。店頭に展示していた家具や、モデルルームに置かれていた家具など、新古品を専門に取り扱っている店舗です。タイミングが良ければ、人気のブランド家具が安く販売されていることもありますよ。特に、モデルルームの家具は、ダイニングセット(テーブルとチェア5点or7点)、リビングセット(ソファ・オットマン・ローテーブルなど)で販売されているものもあって、とてもお得です。

ただ、長く展示されていたものは、座面のへたりや細かな傷などがあるのが難点。新古品だからといって油断せずに、状態をよく確認することが大切ですよ。

掘り出し物があるかも?オークション・フリマ・譲渡サイト

中古 家具 ネット

中古家具をとにかく安く手に入れたい、レアな中古ブランド家具を探している、という方は、オークションやフリマサイト、譲渡サイト(ジモティーなど)もチェックするのがおすすめです。タイミングによっては、他のショップでは見つからないようなアイテムも売り出されているので、思わぬ掘り出し物に出会える可能性もあります。ただ、これらは、個人が売り出しているものなので、商品の状態が悪いものも多いです。購入する場合は、自分で修理することも考慮して慎重に選びましょう。

さて、もう一つ中古家具店選びで考えておきたいのが、実店舗で買うか、通販で買うかという点。実際、どちらが良い中古家具に出会いやすいんでしょうか。中古家具屋の視点からのアドバイスをお伝えします。

実店舗か通販か?おすすめは実店舗とオンラインショップを持つ中古家具店

中古家具店

中古家具店で家具を探す際は、実店舗とオンラインショップ、両方を持つ中古家具店が一番おすすめです。中古家具を探す際は、やはりできるだけ多くの選択肢を見ることが良い家具に出会う秘訣。となると、実店舗は見て回れる数に限りがありますが、オンラインショップなら地域に関係なく、多くの店舗を効率的にリサーチすることができます。さらに、実店舗を持つショップであれば、気になる候補を絞ってから、実際に見に行くこともできるので、実物を見ないと不安だという人も安心ですよ。

中古 家具 通販 販売

また、通販のみの店舗や、立地的に足を運ぶのが難しい店舗でも、リペアに定評があって数多くの販売実績がある店舗であれば、通販でもほぼ失敗はしません。今の時代、利用者に不誠実な運営をしている中古家具屋は、すぐに噂が広まって潰れていまします。特に人気の中古家具店では、状態を判断するのに十分な画像や説明を掲載していて、実物とギャップがないことが一般的ですよ。

また、万が一、届いてみたらイメージと違ったという場合でも、返品を受け付けている店舗もあります。そういった店舗なら家具の品質に自信があるということですので、より安心ですね。

中古家具を買う前に!メリット・デメリットを再確認

さて、前章でお話しした通り、中古家具は優良な店舗で買えばほぼ問題ありませんが、安い価格に目を奪われて、そのデメリットを見落とすと、失敗する可能性も。勢いで買って後悔しないためにも、中古家具を買う際の心得を再確認しておきましょう。

中古家具は、暮らしの中で使われてきた家具。安いが傷や汚れがある

中古 家具 選び方

中古家具は、言うまでもなく、それまでどこかで使われてきた家具。傷や汚れがあるのが普通で、その分価値が下がって安く販売されています。きちんとした店舗であれば、クリーニングやリペアなどを行ってから販売しているので過度に心配する必要はありませんが、安さ重視の店舗だとほぼ手をかけないまま販売している場合もあります。

そのため、まずは家具の状態が許容範囲かどうか、冷静に確認することが大切です。特にソファやベッドなど肌に触れる家具や、食器棚など衛生面に関わる家具は、厳しい目で判断しましょう。

家具 中古 デメリット

また、店頭品や展示品などで使われてきた新古品の家具は、使用感はあまりありませんが、細かな傷はあるのが一般的です。新品と同じような期待感で買うと、後悔するかもしれません。ちょっとした傷や使用感も気になってしまうかも…という人は、中古家具ではなく新品を買いましょう。

いくら安くても、勢いで買わない!部屋や手持ちの家具との相性をよく確認

中古 の 家具

次に、中古家具選びで失敗しがちなのが、今の部屋との相性をよく考えないまま買ってしまうパターン。中古家具の安い値段を見て気持ちが高まると、サイズや置き場所などをざっくりと見積もっただけで購入してしまう人が多いんです。そうなると当然、「実際置いてみたら大きすぎた」「周りのインテリアから浮いてしまった」といったことが起きてしまいます。

いい中古家具を見つけても、一旦落ち着いて、できれば一度帰って自分の部屋と照らし合わせるのがおすすめ。売れてしまうのが不安な場合は、一定期間だけ取り置きしてもらえないか、ショップに相談してみましょう。

さて、中古家具の基本を押さえたところで、次は、人気の中古家具ブランドをご紹介していきますよ。

中古家具が欲しい!テイスト別おすすめのブランドはこれ

中古家具選びを効率的に進めるには、好きなお店やブランドを見つけるのが近道です。続いて、テイスト別に人気の家具ブランドをご紹介していきますので、気になる家具を見つけてみてくださいね。デザイナーズ家具や高級インテリアブランドなど、新品ではなかなか手が出ない上質な家具を中心に紹介していきますよ。

中古の北欧家具、北欧ヴィンテージ家具を探すなら

北欧テイストの中古家具を探している人には、大きく次の3つが人気です。きっと一度は目にしたことのある、名作と呼ばれる家具も見つかるはずですよ。まずは、北欧家具の中でも一番人気のある、デンマーク家具からチェックしていきましょう。

デンマーク発。デザイナーズ家具が豊富な「Fritz Hansen(フリッツ・ハンセン)」

中古 家具 フリッツハンセン

フリッツ・ハンセン社は、アルネ・ヤコブセンのエッグチェアやスワンチェア、セブンチェアなど、数々の名作を生み出したデンマークの家具メーカー。1872年に、キャビネット職人だったフリッツ・ハンセンが創業し、現在に至るまで、名だたる一流デザイナーと家具製作を行ってきました。

フリッツ・ハンセン社の中古家具は、特にアリンコチェア(アントチェア)やスタッキングチェアなど、オフィスやパブリックスペース向きの家具が人気です。

北欧 家具 中古 激安

例えば、こちらは、「ENSEMBLE B10(アンサンブル B10)」という、デンマークのデザイナー、アルフレッド・ホーマンの作品。プラスチックシートとスチールで作られた美しいフォルムが特徴で、スタッキングすることもできます。軽やかな佇まいで、スタイリッシュな空間作りに活躍しますよ。

ハンスJ.ウェグナーの家具が多数!デンマークの「Carl Hansen & Son(カール・ハンセン&サン)」

デンマーク 家具 中古

カール・ハンセン&サン社は、1908年に同じくデンマークで開業した家具メーカー。特に人気なのは、椅子の巨匠として知られるデンマークのデザイナー、ハンスJ.ウェグナーと共同で開発した家具たち。その中でもYチェアCH24やイージーチェアCH25は、発売から60年以上が経った今でも生産が続いていているほどです。

中古 家具 北欧

カール・ハンセン&サン社の家具の魅力は、デンマーク伝統の家具職人の技術を最大限に生かした、質の高さにあります。特にYチェアは、時代に左右されない美しいデザインで、何十年にも渡って使っていける不朽の名作と言われるチェア。座面のペーパーコードは傷んできたら編み直しも可能で、実際に何世代にも渡って使う人もいます。

北欧スタイルのイギリス製ミッドセンチュリー家具「G-PLAN」「ERCOL」「A.H.McIntosh」など

中古 の 家具

もう少し手頃な中古の北欧家具が欲しいという方には、イギリスヴィンテージのミッドセンチュリー家具をチェックするのがおすすめ。北欧家具が欲しいのにイギリスヴィンテージ?と思うかもしれませんが、かつてロンドンでは北欧デザインの家具が大流行し、イギリスの家具メーカーも北欧スタイルの家具を多数製造していたんです。特に日本で人気なのは、ジープラン、アーコール、マッキントッシュといったブランドがあります。それぞれ簡単に特徴を押さえておきましょう。

  • G-PLAN(ジープラン)

    中古 家具 ヴィンテージ
    ジープランは、北欧家具らしい木の温かみと、スタイリッシュなデザインが楽しめるヴィンテージ家具。特に左下のBB(Black&Brass)シリーズと呼ばれるブラックの脚と真鍮の金具のコントラストが効いた家具は、シャープで高級感があり、男前なヴィンテージインテリアに人気です。日本に輸入されている数が多く、比較的手に入りやすい中古家具ブランドです。

  • ERCOL(アーコール)

    中古 家具 ビンテージ
    アーコールは、よりナチュラルな雰囲気の北欧スタイルの家具。シンプルなデザインが多いですが、中にはイギリスのクラシックな要素を感じさせる家具もあります。アーコールの中でも特に人気のアイテムは、チェア。ウィンザーチェアやクエーカーチェアなど、スタンダードで美しい立ち姿が素敵なんですよね。ダイニングチェアなど日常使いする椅子としてぴったりです。

  • A.H.McIntosh(マッキントッシュ)

    家具 中古 有名
    マッキントッシュは、ミニマルに洗練されながらも、キラリと個性が光る上質なヴィンテージ家具。かつてイギリスの富裕層向けに作られた家具なだけあって、前述の2つと比べると値段が張りますが、その人気は世界的に絶大です。人気のアイテムはコレクター間での争奪戦で手に入りにくいものもありますが、スタンダードなチェアやテーブル、サイドボードは日本でもよく目にするアイテムですよ。

さて、北欧デザインに影響を受けたのは、イギリスだけではありません。時期を同じくして、ヨーロッパ諸国をはじめ、アメリカや日本でも、モダンデザインの波は広がっていきました。続いて、その他国々のブランド家具をご紹介しますので、北欧家具が好きな人は、ぜひ次の章で紹介する家具もチェックしてみてください。

中古のモダンなデザイナーズ家具、高級ブランド家具を探すなら

次は、ミッドセンチュリー期に生まれたアメリカやヨーロッパの家具ブランドや、老舗の高級家具ブランドなど、おすすめの7つをご紹介します。中古のデザイナーズ家具や、高級感のあるモダンな中古家具が欲しいという方は必見です。

ニューヨーク発の世界的なモダンファーニチャー「Knoll(ノル)」

モダン 家具 中古

ノル(ノール)社は、1938年にニューヨークで創業した家具メーカー。ミース・ファン・デル・ローエやエーロ・サーリネンなど、数々の著名な建築家やデザイナーと家具開発を行い、バルセロナチェアやチューリップチェアなど、世界的に人気のアイテムを生み出しました。現在では、住宅からオフィス、店舗など幅広いシーンで活躍するに家具が数多く制作されています。

ノール 家具 中古

ノル社の家具は、様々なアイテムがありますが、中古家具で特に人気なのは、ソファやオフィスチェア。どれも凛とした高級感やモダンさがあって、上質なインテリアにぴったりのアイテム。ただ、人気のアイテムは競争率が高く、手に入りにくいのが難点です。

人気のデザイナーズ家具・オフィス家具が多数「Herman Miller(ハーマンミラー)」

中古 家具 ハーマンミラー

ハーマンミラー社は、1923年にアメリカでスタートした家具メーカー。ミッドセンチュリー期に、ノル社と同じく、名高い建築家やデザイナーたちと共同で家具製作を行っていました。日本では特に、チャールズ&レイ・イームズのプライウッドチェアやビル・スタンフのアーロンチェアが有名ですね。

ビジネス 家具 中古

ハーマンミラー社の中古家具で人気なのは、アーロンチェアをはじめとしたオフィスチェア。人間工学に基づいて常に最適な姿勢が取れるよう設計されていて、長時間座っていても疲れません。デスクワークが中心の方にもってこいのオフィスチェアです。

オフィス家具を探すなら要チェック「vitra(ヴィトラ)」

ヴィトラ 家具 中古

ヴィトラ社は、1950年に創業したスイスに本社を置く家具メーカー。日本では、先ほどご紹介したハーマンミラー社がイームズ家具の製造・販売権を所有していますが、ヨーロッパではヴィトラ社がその権利を有しています。そのため、特にヨーロッパで名の知れた家具ブランドです。他にもジョージ・ネルソン、ヴァーナー・パントンなど、世界的なデザイナーと家具を開発しています。

ヴィトラ社の中古家具で特に人気なのは、オフィス用のチェアやテーブル。機能的で存在感のあるデザインのものだけでなく、すっきりとシンプルなデザインのものもあって、自宅用のデスクチェアとしても取り入れやすいですよ。

また、イームズの中古家具を探している方は、ハーマンミラー社の中古家具で見つからなかった場合でも、ヴィトラ社のものなら見つかるかもしれません。ぜひ逃さずチェックしてみてくださいね。

ル・コルビジェなど巨匠デザイナーの家具をもつ高級ブランド「Cassina(カッシーナ)」

ブランド 家具 中古 販売

カッシーナ社は1927年にイタリアで誕生した家具メーカー。今や世界で名の通った憧れの高級家具ブランドです。特に有名なのは、ル・コルビュジエ、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアンら巨匠デザイナーが開発した「LCコレクション」。1964年にカッシーナが製造・販売をスタートし、現在でも各国で生産されています。

中古 家具 デザイナーズ

カッシーナ社の中古家具で特に人気なのは、ソファやチェア。シリーズによって様々なデザインがありますが、どれも高級感のある美しいデザインが魅力です。例えばこちらはマラルンガというヴィコ・マジストレッティがデザインしたソファ。背もたれをハイバックにして使うこともでき、上品にゆったりとくつろぐことができます。ニューヨーク近代美術館(MoMA)の永久所蔵品とされ、高い評価を得ている逸品です。

上質な使い心地とモダンさが魅力。高級家具ブランド「arflex(アルフレックス)」

中古 家具 ネット販売

アルフレックスも1951年にイタリアでスタートした家具メーカー。時代や環境に左右されない洗練されたものづくりを追求している高級家具ブランドです。現在、日本で展開されているのは、1969年に創業したアルフレックスジャパン。イタリアのアルフレックス社で学んだ保科正が設立しました。それまで応接間にしかなかったソファを、家族で過ごすためのリビングに置くという概念を広げたとされています。

中古 家具 ソファ

アルフレックス社の中古家具で人気なのは、ソファやローテーブル。特にソファは、アルフレックスの理念である「上質な快適」を具現化したような、最高の座り心地が魅力です。例えば、こちらはOLTANO(オルタノ)というソファ。座面が斜めにカットされたユニークな形で、自然とお互いの表情が目に入る作り。座る場所によって座面の奥行が変わるので、体格に合わせてゆったりと体を預けることができますよ。

芸術品のような曲線的なフォルムが特徴「porada(ポラダ)」

ポラダ 家具 中古

ポラダ社は、1948年にイタリアで生まれた家具メーカー。「世界で最も美しい木製家具」と言われるほどの、芸術作品のような家具を製作しています。長年に渡って無垢材を使った家具作りを追求していて、高い技術を誇る家具職人にしか表現できない繊細な加工や仕上げが大きな魅力です。

中古 家具 オンライン

ポラダ社の中古家具は、チェアやテーブルが人気です。こちらは、Arlekin(アーレキン)というダイニングチェア。背もたれから脚にかけて描いた大胆な曲線が美しく、なんとも印象に残る一品。もちろん座り心地も申し分なく、背もたれのくぼみが優しく背中を支えてくれます。

実は家具もあり!ハイセンスな部屋にぴったり「HERMES(エルメス)」

エルメス 家具 中古

ハイファッションブランドとして有名なエルメス。1837年にパリで高級馬具工房としてスタートし、その後、バッグや腕時計、衣服、スカーフ、香水など様々な分野に展開を遂げてきました。ファッションや小物が有名ですが、実は家具も手がけているんです。伝統的な馬具製作の技術を生かして、レザーを使った上質な家具を数多く製作しています。日本では販売されていないアイテムも多く、中古品はとても貴重です。

中古 家具 高級

エルメスの中古家具でよく見かけるのは、1987年に発売された「PIPPA」という折りたたみ家具シリーズ。レザーやブラックフレームの凛とした美しさと、折りたたみ家具というカジュアルさが心地よく調和した逸品です。シャープで緊張感のあるフォルムがエルメスらしい上質さを演出しています。

クラシックな中古家具、ロココ調の西洋アンティーク家具を探すなら

次は、クラシックスタイルやロココ調の中古家具を見ていきましょう。洋風のブランド家具や西洋アンティーク家具など、気品漂う高級家具から、ガーリーでかわいらしい家具まで、幅広くおすすめのものをご紹介しますよ。

国産のクラシックな西洋風家具「横浜ダニエル」

ダニエル 家具 中古

横浜ダニエルは、日本の西洋風家具メーカー。1863年、横浜へ居留する外国人のために、家具の修理や製造をしたことが原点とされています。北海道の樺桜を用いた高品質な家具作りを行っており、国産のクラシックな老舗家具ブランドとして人気です。木味が明るめで直線的なフォルムのアイテムが多く、フォーマルで気品のある空間作りにぴったりです。

中古 家具 西洋

横浜ダニエルの中古家具で人気なのは、チェストやサイドボードなどの収納家具。例えば、こちらは美しいモールディング装飾に、上品な取っ手が付けられたアイテム。堂々とした存在感があって、部屋に気高い雰囲気を演出してくれそうですね。

中古 家具 チェスト

オーダーメイドで作られた中古家具だと、デザインや収納部に凝った作りのものもありますよ。新品のオーダー品だとかなり値が張るので、ぜひ中古家具を活用したいところですね。

カリモクが手がける高級家具ブランド「domani(ドマーニ)」

domani 家具 中古

ドマーニも、日本の家具メーカー「カリモク」が手がけている最高峰ブランド。ヨーロッパの伝統的なインテリア様式を基調として、時代に左右されない美しい家具作りを追求しています。ドマーニの家具は、横浜ダニエルの家具と比べると、よりきらびやかな高級感があるのがポイント。エレガントな一流ホテルのようなインテリアが楽しめます。

ドマーニ 家具 中古

ドマーニの中古家具で人気なのは、テーブルやキャビネットなどの大型家具。上質な存在感があって、インテリアの印象をガラリと華やかに変えてくれますよ。店舗やホテルなどの什器にもぴったりです。例えば、こちらはガラスケースのような大型キャビネット。4枚の上品な扉が並んだデザインは大変迫力があり、貴金属などのディスプレイに最適ですね。

上品な高級三越家具「Brugge(ブルージュ)」シリーズ

ブルージュ 家具 中古

ブルージュは、1985年にスタートした三越家具シリーズ。英国カントリースタイルをベースに、日本の住空間に合うよう設計されています。ステンドグラスや彫刻など、美しい職人技が楽しめるアイテムが多く、老舗ホテルのようなクラシックで落ち着いた空間作りが楽しめますよ。

中古 家具 クラシック

ブルージュの中古家具で人気なのは、キャビネットや食器棚など。職人技が光る上品な装飾が素敵ですね。高級感がありながらも、英国カントリー調の温かな風合いが感じられるのも大きな魅力です。アンティーク調の深い色味に塗装されているので、イギリスアンティーク家具と組み合わせて使うのもおすすめですよ。

アメリカのクラシックな老舗高級家具ブランド「Baker(ベーカー)」

baker 家具 中古

ベーカーは、1903年にスタートしたアメリカの老舗家具メーカー。ホワイトハウスの公務執務室やアカデミー賞受賞者の控え室など、アメリカを象徴するような空間で使われてきた実績があります。18〜19世紀の家具黄金期と呼ばれた時代のリプロダクション品もあり、当時の貴族が愛した繊細で煌びやかな装飾美が楽しめますよ。ゴージャスで気品溢れるインテリアにもってこいの家具ブランドです。

ベーカーは、今までご紹介してきた中でもかなり高価な家具ブランド。ですが、中古品だと大幅に値引きされているものもあるので、とてもお得ですよ。人気のアイテムはすぐに売り切れてしまうので、ぜひ早めにご検討してみてくださいね。

ラグジュアリーな世界観が魅力「VERSACE(ヴェルサーチェ)」

ヴェルサーチ 家具 中古

ヴェルサーチェは、1978年にイタリアで設立された世界で人気を誇る高級ファッションブランド。そこから派生して「VERSACE HOME」というインテリアブランドが展開されています。家具のテイストはシリーズによって様々で、クラシックなものからクールモダンなものまで幅広いのが特徴。どれもビビットな世界観を極めたアーテスティックな家具が中心で、個性的でセレブリティなインテリアが楽しめますよ。

しかしながら、ヴェルサーチェの中古家具は人気が高く、なかなかショップに出回らないのがネックなところ。中古で手に入れるなら、長期戦を覚悟して辛抱強く探すことが求められます。

カントリー調のパイン材製家具「THE PENNY WISE(ペニーワイズ)」

ペニーワイズ 家具 中古

ペニーワイズは、日本で生まれたナチュラルなカントリー調の家具ブランド。1981年の創業当初は、イギリスアンティーク家具の輸入販売をしていましたが、その後、オリジナル家具の開発販売も行うようになりました。主にパイン材やオーク材などを使い、イギリスの伝統的な家具作りをお手本とした良質で温かみのある家具を作っています。今までご紹介した家具ブランドと比べると比較的安く手に入りますよ。

パイン材 家具 中古

ペニーワイズの中古家具で人気なのは、チェアやテーブルなど。どれもパイン無垢材の味わいを最大限に活かしたナチュラルなデザインが素敵ですね。ブリティッシュカントリーらしい、ぽってりとしたフォルムで、ナチュラルなかわいらしさがあります。使えば使うほどにいい味が出てくるのもポイントです。

ロココ調の中古・西洋アンティーク家具

ロココ 調 家具 中古

ロココ調の中古家具が好きな方は、西洋アンティーク・ヴィンテージ家具をチェックするのがおすすめ。特に、フランスやイギリスのアンティーク家具を中心に見ると、好みのものが見つかりやすいですよ。ロココスタイルの中古家具で特に人気なのは、ホワイトペイント+猫脚のもの。例えば、こちらは1980年頃に作られた西洋アンティークソファ。清楚なファブリックに、優雅な猫脚、植物の彫り装飾など、ロココスタイルらしいエレガントな可愛らしさが楽しめるデザインです。

ロココ 家具 中古

西洋アンティーク家具は、ロココスタイルの中でも幅広いデザインがあるのも魅力。すべて1点もので個性的なデザインのものが多く、インテリアに凝りたい人にも納得できるアイテムが見つかるはずですよ。どれもヨーロピアンらしいデザインで、非日常的な気品高さを感じることができます。

中古の昭和レトロ家具、和製ヴィンテージ家具を探すなら

続いて、日本のレトロテイストの家具が欲しいという方へ、人気のブランドやアイテムをご紹介しますよ。レトロなヴィンテージスタイルや、昭和レトロスタイル、レトロポップスタイルが好きな人は要チェックです。

日本のレトロなヴィンテージ家具「カリモク60」

カリモク 中古家具店

カリモク60とは、2002年にスタートしたカリモクのブランドの一つ。カリモクは1940年に創業した家具メーカーで、1960年代に開発した家具を復刻発売したシリーズが、カリモク60と呼ばれています。普遍的に愛されるシンプルさが大きな魅力で、レトロなインテリアに大人気です。

中古 昭和 レトロ 家具

カリモク60で人気の中古家具といえば、やはりソファ。特にKチェアやロビーチェアなどが人気です。また、アンティーク家具屋では、復刻版ではなく発売当時のヴィンテージ品を販売している場合もありますよ。ヴィンテージ品は、復刻版と作りは同じですが、ロゴシールに違いがあるんです。ちょっとした違いですが、レトロ家具好きなら見逃せません。

昭和期の和製ヴィンテージ家具

レトロ 家具 中古

日本の中古レトロ家具を探すなら、アンティーク家具屋で販売している、昭和期の和製ヴィンテージ家具もチェックするのがおすすめ。長年使いこまれてきた家具は、現代物の家具にはどうしても出せない味わいがあって、レトロスタイルが好きな人にはぴったりのアイテム。昭和期の家具は、カリモク60のようなシンプルでスタンダードなデザインが多く、レトロ家具好きならきっと気に入るはずですよ。

アンティーク 家具 中古 激安

ちなみに、和製ヴィンテージ家具を安く手に入れるなら、アンティーク家具ラフジュ工房の「時代の味そのままに使える家具」シリーズをチェックしてみてください。このシリーズは、使いこまれたことによる色味や傷などをそのまま残し、実用するのに必要最低限のリペアを施したアイテム。そのため、安く雰囲気抜群のヴィンテージ家具が手に入るんです。

中古 家具 サイト

逆に、きれいで高品質なアンティーク家具が欲しいという方には、「綺麗で使いやすい高品質リペア済」シリーズを覗いてみてください。古い味わいを活かしつつ、丁寧にリペア・リメイクして仕上げているので、使い心地も抜群のアイテムが見つかりますよ。

学校で使われていたノスタルジックなヴィンテージ家具

学校 家具 中古

ヴィンテージ家具の中でも特にレトロファンに人気なのが、学校で使われていた家具たち。机や椅子、スツール、棚、作業台など、機能重視のレトロなアイテムが揃っています。アンティーク家具屋によっては、日本のものだけでなく、ヨーロッパのものも取り扱っていて、どちらもレトロで素敵ですよ。

中古 家具 机

学校の中古家具で特に人気なのは、机と椅子のセット。一般的なデスクよりもひと回り小さく、子供用デスクとしてはもちろん、ちょっとした作業台やサイドテーブルにぴったりです。素朴な味わいが部屋に温かさを演出してくれますよ。

中古の和風家具、和製アンティーク家具を探すなら

続いて、中古の和風家具をお探しの方へ、おすすめのブランドやアンティーク家具をご紹介します。伝統的な意匠のものから、和モダンなものまでありますので、お好みのブランドを探してみてくださいね。

モダンな高級和風家具が多数「森繁(モリシゲ)」

モリシゲ 家具 中古

森繁は、1944年に創業した香川県の家具メーカー。伝統工芸である香川漆芸を活かし、和家具から洋家具まで幅広い家具を製造しています。特に和家具シリーズは、美しい漆塗りが目を引くアイテムばかり。和風でありながらも新鮮さを感じる凛とした佇まいで、和モダンなインテリアにぴったりの家具です。

和風 家具 中古

森繁の中古家具で人気なのは、飾り棚や座卓。例えば、こちらは黒漆塗に彫漆で木立が描かれた座卓。静寂で趣深い雰囲気が漂っています。応接間など、お客様の目に触れる場所で使いたくなるようなアイテムですね。

和洋のインテリアに合う上質な家具「松本民芸家具」「北海道民芸家具」

中古 家具 ブランド

民芸とは、民衆の暮らしのために自然と発生した伝統的な家具や道具のこと。家具でいうと、松本民芸家具や北海道民芸家具が有名です。洋家具の要素を取り入れつつ、日本の暮らしに合う家具が作られていて、ダイニングテーブルや椅子などでも和風のインテリアにコーディネートしやすいものが多いんですよ。

中古 家具 セット

民芸家具の中古家具は、ダイニングセットや収納家具などが人気です。例えば、こちらは松本民芸家具のダイニングセット。洋風の意匠ですが、装飾が控えめで和風のダイニングにもぴったりです。ダークな色合いなので、和製アンティーク家具とも違和感なくコーディネートできますよ。上質な和の空間作りに活躍します。

歴史ある純和風の伝統民芸家具「岩谷堂箪笥」

中古 家具 和

岩谷堂箪笥は、平安時代に起源を持つとされる伝統的な民芸家具。豪華で迫力のある金具と、欅材の猛々しい木目、美しい漆塗りが大きな特徴です。旅館や料亭など、伝統的な和風のインテリアにこだわりたい場所にぴったりの和家具です。

家具 中古 タンス

岩谷堂箪笥の中古家具は、箪笥やワードローブなどの収納家具が多く販売されています。中古家具でも、大小さまざまなサイズの箪笥が比較的揃っているので、部屋に応じて選びやすいのもうれしいポイント。小ぶりな箪笥でも堂々とした存在感があって、粋な和のムードを演出してくれますよ。

高級感のある和室に。迫力満点の和箪笥「仙台箪笥」

明治 家具 中古

仙台箪笥も伝統的な高級民芸家具の一つ。その原型は、江戸時代に作られたと言われています。分厚く威厳のある金具と、欅材に漆塗りを施した美しい木肌が大きな魅力です。仙台箪笥は、アンティークから現代物の中古品まで幅広いアイテムが販売されていて、デザインもバラエティ豊か。特に飾り金具に注目すると、箪笥それぞれの持ち味が感じられますよ。

中古 家具 アンティーク

仙台箪笥の中古家具は、衣装箪笥が中心です。その中でもアンティーク品は現代品にはない味があって、貫禄が増しているものばかり。歴史的、文化的価値が高いものが多く、高級な骨董和箪笥として有名です。逆に現代物の中古品は、傷や使用感が少なく、これから使い込む楽しみがあるのが魅力。新築やマンションなどにも合わせやすいのもメリットです。アンティークと現代物で似たようなデザインのものでも、雰囲気が異なるので、じっくり見比べて選んでみてくださいね。

工芸美術品のような美しい家具「軽井沢彫り」

中古 家具 店舗

軽井沢彫りは、明治期に軽井沢に別荘を建てた欧米人向けに作られた家具。当時、欧米人には木彫り細工の装飾が好まれたため、日光彫りの職人たちを軽井沢に呼んで、華やかな木彫りの家具を作ったのがはじまりです。軽井沢彫りの家具は、どれも美術品のような彫刻に包まれていて、贅沢で華やかな佇まいが印象に残ります。

中古 家具 洋服

軽井沢彫りの中古家具は、特に桜の木彫りのものが人気。例えば、こちらは桜彫りのチェスト。前面に大きな満開の桜の木が描かれ、圧巻のオーラを放っています。彫刻は前面だけでなく、側面や框にまで及んでいて、職人の並々ならぬこだわりが伝わってきますね。他の家具も、職人の熱量が伝わってくる印象的な家具ばかりで、和室の主役になるような優雅な家具が欲しいという方にぴったりです。

深い味わいが魅力。明治〜昭和初期の和製アンティーク家具

中古 家具 昭和

本格的な和風家具が欲しいなら、ぜひ和製アンティーク家具もぜひチェックしてみてください。明治〜昭和初期頃の日本の家具は、和箪笥や座卓など現代でも人気のアイテムが多数ありますよ。時代を超えて使われてきた和家具は、木肌や金具などに深い味わいが出ていて、上質な貫禄が漂っているのが特徴。それでも現代物と比べると、品質の割に価格が安いものが多く、お得感たっぷりです。

中古 家具 木製

和風のアンティーク家具で人気なのは、箪笥や戸棚などの収納家具。特に欅材が使われたものや、分厚く立派な金具がついたものなどが人気です。欅材は、力強く美しい木目が特徴の高級木材。和家具ならではの迫力があって、シックで高級感のある和のインテリアにぴったりですよ。

さて、人気の中古家具ブランドのご紹介は以上です。ご覧いただいたブランドや家具の多くは、アンティーク家具ラフジュ工房で取り扱っています。気になるものがあれば、ぜひオンラインショップをチェックしてみてくださいね。中古・アンティーク家具は、すべて1点ものなので早いもの勝ちですよ。

中古家具の選び方。アイテム別チェックポイントはこちら

さて、中古家具のブランドについて押さえたところで、次は、中古家具を買う際に確認すべきポイントをチェックしておきましょう。中古家具で初期費用を安く済ませても、使っているうちにすぐに壊れてしまったら、元も子もありません。見た目だけでなく、実用面もしっかり検討して、長く使える家具を選びましょう。

椅子系の中古家具(ソファ・チェア・ベンチ・スツールなど)

まずは、ソファやチェア、ベンチ、スツールなど、座るための中古家具について、チェックポイントを見ていきましょう。ダイニングチェアなど、使用頻度が高い椅子は、きちんとリペアされたものでないと傷んでいる可能性が高いので、要チェックですよ。確認すべき点は次の2つです。

ぐらつきはない?

中古 家具 ソファセット

ソファやチェアなどの中古家具は、長年の使用によって脚やアームなどの接合部がゆるんでいる可能性があります。接合部にゆるみがあると、座った際にぐらつきを感じたり、体重移動をさせた際に想像以上に揺れたり、アームがぐらついたり、といったことが起きます。そのまま使い続けるとゆるみが悪化して壊れたり、思わぬ事故につながる可能性もあるのでリペアが必要です。

中古 家具 椅子

確認方法としては、実際に座ってみて左右に軽く体を揺らしてみたり、アームに手をかけてみたりして、よく確かめましょう。ぐらつきを感じたら、それは避けるか、ショップでリペアしてもらえるか相談しましょう。

中古 家具 チェア

通販で購入する場合は、不安があればショップへ問い合わせてから購入するのがおすすめです。丁寧なショップであれば、商品ページに座り心地についてコメントしている場合もありますよ。

また、もし通販で家具が届いてから不具合に気づいたら、配送中の事故などによる初期不良の可能性が高いです。リペアや返品を受け付けてくれるはずですので、購入した中古家具店へ早めに問い合わせてみましょう。

生地・クッションの傷み具合は?交換・クリーニング済み?

中古 家具 チェアー

2つ目の確認ポイントは、座面の生地やクッションの状態について。中古の椅子やソファで、十分なリペアやクリーニングをしていない家具は、生地が汚れていたり、クッションがヘタっていることがあります。ショップによっては、たとえ座面が消耗していたとしても、オリジナル性を大事にしてそのまま販売していたり、後に買い手でリペアすることを前提として販売していることがあるためです。長く使う予定の中古家具を探しているなら、はじめから座面がきちんと手入れされているものを選ぶ方がメンテナンスの手間や費用が抑えられますよ。

中古 家具 オンラインショップ

確認方法としては、まずは生地やクッションは交換済みかショップに聞いてみましょう。もし、オリジナル座面だった場合は、目視で生地の消耗具合をよく確認しましょう。生地にキズや汚れがあったり、磨り減っていたりすると、これから交換が必要になる可能性が高くなります。また、汚れが目立つ場合は、座面のクリーニングもしていないかもしれません。そういったものは避けた方が無難です。

家具 中古 頑丈

次に、実際に座ってみて座面の弾力性を確認しましょう。バネが当たるような感覚があったり、クッションが低く沈み込んで違和感がある場合は、要注意です。通販で購入するのに不安がある場合は、ショップに問い合わせて、実際にお店の人に座って確かめてもらいましょう。

ベッド系の中古家具(ベッドフレーム・マットレスなど)

次は、中古のベッドについて、チェックポイントをご紹介します。ベッドは、中古だとかなりお得に手に入るのがメリットですが、他の中古家具と比べて特に使用感や傷みが心配ですよね。買ってから後悔しないためにも、次の2点について確認しておきましょう。

マットレスの状態は?

中古 家具 ベッド

中古のベッドマットレスは、内部のコイルの劣化や生地の消耗が気になるところ。マットレスは家具と違って、修理が難しい消耗品なので、使用した分だけ性能が低下していきます。そのため、長年使用されたものは、その分寿命も短くなっているので、トータルで見ると費用が余計にかかる可能性も。中古のマットレスを選ぶ際は、新古品など、できる限り新品に近いものを選ぶようにしましょう。

中古 家具 通販 ベッド

確認方法としては、まず、目視で生地の傷み具合を確認しましょう。さらに、コイルの状態や消耗具合、クリーニング済みかどうかなどを、ショップに直接確認しましょう。特に、生地は張り替えられずそのままの状態のため、それでも不快感なく使えるかどうかが大事なポイントです。人によって判断基準がそれぞれなので、ショップからのアドバイスを参考に、じっくり検討してみてください。

アンティークベッドはサイズをよく確認

中古 家具 ネットショップ

2点目は、中古のアンティークベッドを選ぶ際のチェックポイントです。日本の昭和期頃のベッドや、海外製のアンティークベッドは、現代のマットレスの規格とはサイズが合わない可能性があります。その場合、特注でマットレスを作る必要があるので、費用がかさんでしまうかもしれません。購入前にベッドサイズの確認と、マットレスのオーダー料金を確認しておくと安心ですよ。

テーブル系の中古家具(ダイニングテーブル・ローテーブル・ちゃぶ台など)

次は、ダイニングテーブルやローテーブル、ちゃぶ台など、中古テーブル全般のチェックポイントをご紹介します。大事な点は次の3つです。

天板の反りや割れはない?

中古 家具 ダイニングテーブル

中古の木製テーブルは、天板に反りや割れが発生していることがあります。木製家具は、湿気や乾燥によって膨張・収縮するため、特に良質な無垢材製の家具に起こりやすいんです。使用上問題なければ、そのまま販売されていることが多いですが、目で見て気になる状態であればショップへリペアできるか相談してみましょう。アイテムによって、リペアできるものもありますが、リペアが難しい場合はその分価格を安くして販売している場合もありますよ。

脚のがたつきは?折りたたみ式の場合は特に要チェック

中古 家具 ちゃぶ台

中古のテーブルは、使い込まれてきたことによって、ガタつきが発生している場合があります。接合部がゆるんでいたり、パーツが欠損していたり、といったことが原因です。特に脚が折りたたみ式のちゃぶ台やローテーブルは、可動部のパーツがゆるんでいることが多いです。
きちんとリペアを行っている中古家具店であれば、ガタツキはほぼない状態が普通ですので、気になるものがあればショップへリペアをお願いしましょう。

中古 家具 丸テーブル

ガタつきの確認方法としては、テーブルに軽く体重をかけたり、前後左右に揺らして負荷をかけてみましょう。リペアが不十分だと明らかに不安定さが感じられます。ただし、折りたたみ式のちゃぶ台やローテーブルなどの場合は、もともとの構造的に揺れやすいものも多いので、負荷をかけすぎないよう注意してくださいね。
また、場合によっては、ガタつきの原因が床にあることもあります。ガタつきが気になったら、念のため他の場所でも確かめてみるのがおすすめですよ。

塗装の種類と状態は?

中古 家具 テーブル

ダイニングテーブルなど、日常的に水拭きして使いたいテーブルを探しているなら、できればウレタン塗装(クリア塗装)をしてリペアしている中古テーブルを探すのがおすすめです。ウレタン塗装とは、多くのダイニングテーブルに施されている塗装で、耐水性や防汚性があるのが特徴。食べこぼしても水拭きでき、汚れが落ちやすいので、ダイニングテーブルに向いています。

中古 家具 大型店

ウレタン塗装というと、いわゆるピカピカの家具をイメージする人もいるかもしれませんが、それはショップによりけり。例えば、ラフジュ工房のダイニングテーブルは、多少のツヤはあっても、しっとりとした木の味わいが感じられるように仕上げています。これなら、ツルっとした質感の家具が苦手な人も使いやすいはずですよ。

中古 家具 ヨーロッパ

他にテーブルの塗装の種類で人気なのは、オイル仕上げ。塗膜を作らない、自然の木味が楽しめる仕上げ方法で、使い込むほどに味が増します。ただ、塗膜がない分、汚れたり、ひび割れたりしやすいのが難点。つまり、それも家具の味として楽しめる人に向いているテーブルです。オイル仕上げのテーブルを使う場合は、年に1〜2回オイルを再塗装してメンテナンスすると、いい状態を保ちやすいですよ。

中古のテーブルは、塗装の種類がわかりにくく、未リペアのものは塗装の状態がいいとは限りません。良し悪しを見分けるのが難しければ、ショップへ相談するのがおすすめですよ。用途や好みに応じて、おすすめのものをアドバイスしてもらえるはずです。

収納系の中古家具(食器棚・キャビネット・本棚・テレビ台・チェスト・箪笥・ワードローブ・靴箱など)

次は、中古の収納家具について見ていきましょう。収納家具は、他の中古家具よりも可動部や見えない部分が多いので、隅々まで念入りに確認することが大切です。次の3つのポイントを押さえましょう。

扉や引き出しはスムーズ動く?

中古 家具 食器棚

中古の収納家具は、長年の使用で歪みが生じ、扉や引き出しがスムーズに動かない場合があります。きちんとリペアされたものであれば、問題なくスムーズに開閉できるのが普通ですが、チェックが甘いと見落とされている可能性もあります。

中古 家具 キャビネット

店舗で購入する場合は、すべての可動部を開け閉めしてチェックしましょう。通販で購入する場合、商品ページで情報がわからなければ、ショップへ問い合わせてみるのがおすすめです。食器棚や靴箱など、日常的に使用する家具だと、ちょっとした使いにくさも大きなストレスになるので、気になる部分は購入前にリペアを依頼しましょう。

隅々まで掃除されている?匂いは?

中古 家具 テレビ ボード

中古の収納家具は、引き出しや扉内など、見えないところまできれいに掃除されて販売されているべきなのですが、価格重視のショップだとあまり丁寧に掃除されていない場合があります。そういった店舗は、リペアなど他の部分でも手を抜いている可能性があるので、できれば利用するのは避けたいところ。どうしてもその店で買いたい商品があれば、不具合がないか入念にチェックしてからにしましょう。

また、中古家具は、アイテムによっては以前収納していたものの匂いが残っている場合があります。例えば、消臭剤や香水、薬の匂いなど。店舗で買う場合は、自分で確かめられますが、通販で不安な場合は、ショップへ事前に問い合わせるのがおすすめですよ。

虫食いはない?

中古 家具 リメイク

古い木製の中古家具は、使用されてきた環境によっては虫食いが発生している場合があります。リペアを手がけている中古家具店なら、虫食いがあれば、きちんと殺虫処理をして、見た目にもきれいに修復しています。しかし、リペアをしない店舗で買う場合は、虫がいてもそのまま販売していることが多いので、十分に注意しましょう。特に、背面や脚部など見えづらい部分は、よく確認しておきましょう。ポツポツと1〜2mm程度の穴が空いていたら、虫がいるか、過去にいた可能性があります。

デスク系の中古家具(机・ライティングビューローなど)

次は、机やライティングビューローなど中古のデスクについてのチェックポイントをご紹介します。次の3点を確認すれば、中古でもストレスなく使える実用的なアイテムが手に入るはずですよ。

ぐらつきはない?

中古 家具 デスク

1つ目は、ぐらつきはないかどうか。中古のデスクでリペアされていないものは、テーブルと同様に、脚や天板などの接合部がゆるんでいる可能性があります。軽く体重をかけてみたり、前後左右に揺らしてみたりして、適度に負荷をかけてみましょう。きしみやぐらつきがある場合は、リペアできるかどうかショップへ相談してみましょう。

可動部はスムーズに動く?内部に不具合はない?

中古 家具 事務

デスクに引き出しや扉がある場合は、すべて開け閉めして動きを確認しましょう。引っ掛かりがあってスムーズに動かなければ、リペア不足である可能性が高いです。

中古 家具 人気

また、引き出し内や棚内など、見えない部分も念入りにチェックしましょう。例えば、引き出しに穴が空いていたり、棚がひび割れていたり、使用上困るような問題があるかもしれません。何か気になる点があれば、ショップへ相談してみましょう。

天板に反りや割れ、へこみはない?

中古 家具 輸入

良質な中古の木製デスクは、無垢材で作られているものが多く、天板に反りや割れが生じている場合があります。これは、完全に取り除くことは難しいため、使用上支障のない程度かどうか見極めることが大切です。実際に使用するイメージで座ってみて、感覚を確かめましょう。

中古 家具 通販 安い

また、アンティークデスクのような古い机だと、天板に傷が入っているものが多いです。傷が深いと、書き物をする際の邪魔になる可能性もあります。どんな風に使用するイメージしながら、使いにくい点がないか確認しておきましょう。

建具系の中古家具(ドア・パーテーションなど)

次は、中古のドアやパーテーションのチェックポイントを見ていきましょう。確認すべき点は次の3つ。これらのポイントさえ押さえれば、新品の建具と同じように使うことができますよ。

反りや割れはない?施工業者ともよく相談

家具 中古 パーテーション

木製の中古ドアやパーテーションは、使用されてきた環境によって、反りや割れが生じている場合があります。
リペアしていない建具は、現場で必ず調整が必要になります。取り付ける際の手間や費用が増えるので、要注意です。一方、リペア済の建具であれば、現場でちょっとした最終調整が必要にはなることはあるものの、新品の建具と同じ要領で取り付けることができますよ。スムーズに施工を進めるなら、こちらの方がおすすめです。いずれにせよ、使用する建具を決めるにあたっては、施工業者とよく相談しておきましょう。

中古 家具 ドア

また、店舗によっては、建具のリペアに加えて、サイズやデザインのリメイクまで受け付けている店舗もありますよ。例えば、ラフジュ工房では、建具のサイズ調整、パーツの交換や取り付け、ペイントなどのリメイクを受け付けています。欲しい建具のイメージが固まっているなら、リメイクを活用するのがおすすめです。

ドアの取っ手や戸車はそのまま使える?鍵は新たに取り付ける?

店舗用 家具 中古

中古やアンティークのドアの場合、取っ手や戸車などのパーツが問題なく使えるかどうかも確認しておかなければなりません。基本的にショップから情報が提供されていると思いますが、わからない場合は事前に問い合わせてみましょう。

中古 家具 デザイン

また、玄関用の中古ドアを探している場合は、鍵は最新のものを取り付けるのがおすすめ。古いものは防犯面に不安があります。ショップに取り付けを依頼するか、購入後に工務店や建具屋へ取り付けを依頼しましょう。

パーテーションはぐらつかない?

旅館 家具 中古

また、衝立など、自立式のパーテーションの場合、ぐらつきがないかよく確認しておきましょう。特に、折りたたみ式のパーテーションの場合は、接合部のパーツがゆるんで不安定になっていることもあります。ただし、そもそも倒れやすい構造のものもあるので、確かめる際は慎重に行ってくださいね。

中古家具に起こりがちなトラブル対処法

中古家具は、適切なリペアをされたものであれば問題ありませんが、リペアやクリーニングが不十分なものや、買ってからの使用方法によっては、次のようなトラブルが起こる可能性があります。それぞれ対処法をお話ししますので、困った時は参考にしてみてください。

中古家具の引き出しや扉の中が臭い!よく風に当てて消臭

中古 家具 臭い

中古家具に限ったことではありませんが、木製家具は匂いの強いものを収納すると、その匂いが移ってしまうことがあります。例えば、消臭剤や香水、薬品など。匂いのついた中古家具を気づかずに買ってしまったら、結構ショックですよね。でも、まだ諦めないでください。以下の手順に従えば、大抵の匂いは気にならなくなるはずですよ。

ただし、極めて強力な匂い(例えば、衣料防虫用の樟脳の匂いなど)は、残念ながら何をしても消えない可能性があります。通販などで知らずに買ってしまった場合は、初期不良として返品するという手もあります。返品したい場合は、あれこれ試す前に、できるだけ早めに店舗へ問い合わせましょう。

匂いがある引き出しや扉内を拭く

中古 家具 匂い

まずは、匂いのある部分をきれいに拭いていきます。この際、家具の仕上げ方法によって、中性洗剤を使った方がいいか、水拭きがいいか対応が異なりますので、事前に購入したショップへ相談しましょう。

  • 中性洗剤を使う場合
    中性洗剤を水に溶かし、布に含ませ固く絞ります。ワックスやオイル仕上げの中古家具だと、変色する恐れがあるため、はじめに目立たないところを試し拭きしましょう。問題なければ、匂いのある部分を丁寧に拭いていきます。この時、引き出しや棚など取外せる部分は、取り外して拭きましょう。拭き終わったら、次は布に水のみを含ませ、洗剤を完全に拭き取るように水拭きします。
  • 水拭きする場合
    固く絞った布巾を用意し、匂いのある部分を隅々まで水拭きします。

20〜30時間ほど風を当て続ける

続いて、扇風機を用意して、拭いた部分にひたすら風を当て続けます。目安としては、20〜30時間ほど。かなりの力技ですが、これでほぼ匂いは消えているはずですよ。

木製の中古家具に起こる虫トラブル。殺虫スプレーで対処

中古 家具 虫

木製の中古家具は、使う環境によっては虫が発生する場合があります。こちらも、きちんとリペアされたものであれば問題ありませんが、中古家具屋によっては見落としていたり、使っているうちに虫が入ってしまうこともあります。虫らしき痕跡を発見したら早急に対処しましょう。家具に1〜2ミリほどの穴がポツポツと空いていて、周りに木屑が落ちているという場合は、虫がいる可能性が高いです。

殺虫方法でおすすめなのは、穴にノズルを差し込むスプレータイプの駆除剤を使うこと。これなら、簡単に確実に殺虫できます。ただ、中に虫の卵があった場合には、一度では殺虫しきれません。時間を空けてみて、もし新たな木屑が出てきていたら、もう一度スプレーしましょう。これを繰り返すと完全に殺虫できます。

こちらも初期不良の場合は、返品できる可能性が高いです。返品したい場合は、早めに店舗へ相談してみましょう。

布製の中古家具にダニが!掃除機でよく吸い取る

中古 家具 ダニ

布製の中古家具は、張り替えやクリーニングをしている家具は問題ありませんが、不十分だとダニがいる可能性もあります。また、使う環境によっては、知らず知らずのうちにダニが発生する可能性もあります。特に、ソファやチェアの背もたれ部分は、ダニが繁殖しやすいと言われているので、要注意です。

中古 家具 激安

布製家具のダニを予防・撃退するには、掃除機をよくかけること、天日干しをして布を乾燥させること、水拭きできる素材のものは水拭きすること、の3つが有効です。ソファの場合は、クッションも忘れずに手入れするようにしましょう。

中古家具の汚れが目立ってきたら、業者へクリーニングを依頼

中古 家具 クリーニング

中古家具の汚れが気になってきたら、専門の業者へクリーニングを依頼するのも一つの手。特にソファやチェアなど、布製家具は汚れが蓄積しやすく、自分でメンテナンスするには限界があるので、うまく活用したいところですね。シミなどの汚れは時間が経つほど落ちにくくなるので、長く使いたい家具であれば、早めにクリーニングを依頼しましょう。

クリーニング業者は、高級ブランド家具を得意とするところや、ソファ専門のところなど、それぞれ専門分野があります。依頼するときは、それぞれの実績をリサーチしてみて、良さそうな2〜3社に見積もりを依頼するのがおすすめですよ。

中古家具を売りたい!買取業者選びのポイント

最後に、使ってきた中古家具を売りたいという方へ、買取業者選びのポイントをご紹介します。昨今はオークションやフリマなどが人気ですが、高く売れる可能性があるとはいえ、出品から発送まで全て自分でやらなければならないので、忙しい人にとっては何かと不便なのが実情。その点、買取業者にお願いすれば、依頼さえすればあとは全てやってもらえるのが魅力的です。

今回は、どんな業者に買取を依頼すれば一番高く売れるのか、家具のジャンル別に適した業者をご紹介しますよ。

まずは中古家具の査定を依頼!売りたい家具に適した買取業者を選ぼう

中古家具の買取業者は、総合リサイクルショップのような、家具から家電まで何でも買い取る店舗もあれば、ブランド家具専門店やアンティーク家具屋など、専門分野を持つ店舗もあります。売りたい家具によって、適切な店舗がそれぞれですので、まずはその違いを押さえておきましょう。

ブランドものの中古家具は、ブランド家具専門の買取業者へ

中古 家具 買取

高級ブランド家具やデザイナーズ家具など、上質な中古家具を売りたいという場合は、ブランド専門の買取業者へ依頼するのがおすすめです。専門店としての販売力があるため、総合的なリサイクルショップよりも高い価格で買い取ってくれます。特に、ショップによって買取を強化しているブランドやアイテムがあるので、それに当てはまっていると高額買取が期待できますよ。ショップのウェブサイトや買取実績などを見て、リサーチしてみましょう。

江戸〜昭和初期に作られた中古家具は、アンティーク家具屋へ

中古 家具 通販 食器棚

中古家具のなかでも、江戸〜昭和初期頃の古い家具を売りたいという場合は、断然アンティーク家具屋へ売るのがおすすめです。アンティーク家具屋は、基本的にリペア工房を持っているので、状態が良くない家具でも適正な価格をつけて買取してくれます。蔵や物置などで眠っていた家具や、使い込んでボロボロになった家具など、一般的なリサイクルショップでは扱えない家具も買取対象としている場合が多いですよ。

中古 家具 引き取り

アンティーク家具を売りたいという方は、ぜひ一度ラフジュ工房をチェックしてみてください。高いリペア技術と、販売力を持つ大型アンティークショップなので、他店と比べて幅広い家具について高価買取が期待できます。また、大切に使われてきた家具をきれいに蘇らせて、次の使い手の元に届ける、ということに重きを置いているため、思い出が詰まった家具でも気持ち良くリサイクルできますよ。

その他中古家具・家電などを売却する場合は総合リサイクルショップへ

中古 家具 家電

その他、ノーブランドや大衆的ブランドの中古家具を売却する場合は、幅広い家具を取り扱っている総合リサイクルショップに依頼するのがおすすめです。家具だけでなく家電も買取してもらえるので、引越しの際などまとめて処分したい際に便利ですよ。

ただ、総合リサイクルショップでも使用年数が長いものや消耗が激しいもの、需要が低いものは、買取できない場合もあります。無料で出張査定してくれる店舗や、電話やメール、LINEなどで概算を査定してくれる店舗もあるので、まずはいくつか見積もりをお願いするのがおすすめですよ。

中古家具を高く売りたいなら、リペアから販売まで手がけている業者がおすすめ

中古 家具 売る

買取業者に中古家具を売るには、先ほどご紹介した3つのうちのいずれかを利用することになります。さらにその中から、買取業者を選ぶのに迷ったら、買取からリペア、販売まで一貫して手がけているかどうか、という点にも注目するのがおすすめです。
というのも、買取業者の中には、リペア工房や直営の販売店を持たず、未リペアの中古家具をオークションなどで販売しているところもあるんです。そういった中古家具店では、希望の価格で売れないリスクがあるため、確実に売れるものしか買い取らなかったり、価格を低めに査定することもあります。買取から販売まで自店舗で手がけているショップなら、そういったリスクが少なく、できるだけ高値で買い取るところも多いので、おすすめですよ。

ネットオークションで中古家具の落札相場をチェック

中古 家具 相場

業者が提示した価格が適切かどうかを判断するには、ネットオークションの落札価格をリサーチするのがおすすめ。オークションの落札価格は、中古家具の売価とほぼ同じくらいです。そして、中古家具の買取価格は、売価のおよそ3〜4割が目安なので、落札価格を参考に買取価格を予測することができます。
具体的な調べ方としては、例えばヤフオクでは、ブランド名や品番などで検索し、商品一覧の上にある「落札相場を調べる」というボタンをクリックすると、過去の平均落札価格を見ることができます。

中古家具の売却が難しい場合、処分方法は大きく4つ

もし、中古家具の種類や状態によって、買取が難しかった場合には、オークションやフリマで売るか、残念ながらお金を払って家具を処分することになります。有料で処分する方法は大きく4種類あって、それぞれ手間や処分費用が異なりますよ。要点をまとめておきますので、処分する際は参考にしてみてください。

自治体に粗大ゴミとして回収してもらう

中古 家具 売却

自治体の粗大ゴミ回収は、中古家具処分の方法として最もポピュラーな方法。自治体によって、手順が多少異なりますが、一般的には以下のように進めます。他と比べて処分費用は安く済みますが、手間と時間がかかるのがデメリットと言えますね。

処分手順

  • 電話やインターネットから中古家具の回収を申し込み、収集日や収集場所、手数料、受付番号などを聞く
  • スーパーやコンビニなど指定の販売店で手数料納付券シールを購入する
  • シールに氏名や受付番号などを記入して、中古家具に貼る
  • 回収日に指定の場所まで運ぶ

また、処分する家具を車で粗大ごみ処理場まで持ち込む場合は、さらに処分費用を安く抑えることができますよ。基本的に重さで料金が決まっているので、たくさんの中古家具や家電、雑貨などをまとめて処分する場合に便利です。

不要品回収業者・リサイクルショップへ依頼する

中古 家具 リサイクルショップ

中古家具の運び出しが難しい場合や、できるだけ手間を省きたい場合は、不要品回収業者に依頼しましょう。基本的に自治体で処分するよりも費用がかかりますが、依頼さえすれば、運び出しから全て業者任せでOKです。処分費用は、事前に電話やメール、もしくは出張見積もりなどで算出してもらえるので、何社か見積もりを依頼して検討しましょう。

引越し業者に処分を依頼する

中古 家具 リサイクル

引越しの際に中古家具を処分する場合は、引越し業者が不要な家具・家電を買取や引き取り、有料での回収をしてくれることがあります。業者によってルールが異なりますが、家具の使用年数や種類が買取・引き取り可能な範囲であれば、引越し時にまとめて処分してもらえますよ。例えば、ヤマトの不用品買取サービスの場合は、家電・家電は製造から6年以内のものが買取条件とされています。申し込みたい場合は、ウェブから詳細をチェックして、引越しの申し込みの際に合わせて相談してみましょう。

家具を買い替える場合は、ショップに処分を依頼できる場合も

中古 家具 出張買取

家具の買い替えによって、処分したい家具が出る場合は、購入先のショップが家具の処分を引き受けていることもあります。例えば、ラフジュ工房では、処分家具がアンティークやブランド家具であれば買取り、それ以外でも15万円以上の家具を購入する場合は無料で引き取り、その他の場合は、有料での回収を行っています。新たな家具が届くと同時に不要な家具を回収してもらえるので、スムーズに家具の入れ替えができますよ。

詳しい申し込み方法やルールを知りたい方は、「ラフジュ工房の3つの不要家具回収サービス」のページをご覧ください。

最後に

中古家具を上手に活用すれば、一流ブランドの家具も人気のデザイナーズ家具も夢ではありません。良い中古家具屋との出会いは、きっとこれからの暮らしを豊かにしてくれますよ。ぜひ、この記事を参考に、妥協なしの中古家具選びに挑戦してみてくださいね。

中古家具を探すならアンティーク家具ラフジュ工房へ

中古 家具 安い

安くて質のいい中古家具をお探しの際は、品揃え豊富な中古・アンティーク家具販売サイト「ラフジュ工房」にお任せください!国内最大級の品揃えと高いリペア技術を持つラフジュ工房でなら、きっと価格も質も納得できる中古家具が見つかりますよ。

 

【アンティーク家具 ラフジュ工房なら】

中古 家具 アウトレット・商品総数4,000点以上!
様々なテイストのアンティーク・ヴィンテージ・中古家具が常時4,000点以上揃っています。ブランド家具やデザイナーズ家具など豊富なラインナップから、気になる中古家具を探してみてくださいね。

・安心して使える中古家具
商品としっかり向き合い、暮らしの中できちんと使えるようにリペア・リメイクを行っています。

 

中古 家具 本棚

・商品画像が充実!
中古・アンティーク家具ならではの傷などもしっかり撮影し、実物そのままをお伝えしています。中古家具初心者の方でも安心してお買い物を楽しむことができますよ。

・ご購入前・ご購入後も丁寧なサポート
お部屋に合う中古家具選びから購入後の修理まで、丁寧にサポートいたします。ご不明な点・ご要望等お気軽にご相談ください。


ラフジュ工房で中古家具を探す

SNSで新情報をチェック

コメントを残す

*

お気に入りのアンティークを見つけたい方へ
きれいで使いやすい家具が4,000点以上!